« Razer Orbweaverの問題点について。。。 | トップページ | 水冷6号機を製作してみる #06 / オリジナルアクリルパーツ製作編 その1。。。 »

2013年1月30日 (水)

水冷6号機を製作してみる #05 / プロジェクト名発表。。。

ここの2週間程仕事が超多忙で、そこに追い討ちを掛けるように体調を崩し熱と咳に苛まれてしまい、PC製作どころではありませんでした。。。

漸く体調も回復し、仕事も一段落しましたので6号機の製作を再開していこうと思います。

前記事にて、グリーン&ブラックでのスリーブをお見せしておりましたね。


Dsc03012

当Blogによくお越しになる方の中には、この2つの色遣いでおおよそ検討がついている方もいらっしゃるかもしれません。

MODPCも大好きではありますが、庶民派ゲーマーとして欠かせないこれをテーマに今作は製作しております。




































Falcatus3_2










Falcatus3

やっぱりゲーマーといえばRazerでしょ。呆
(nVidiaと思った方、残念。)

Falcatusというのは今から3.45~2.8億年前、石炭紀に生息していた体長約1フィート前後の小さな鮫で、主にエビを主食にしていたといわれている鮫です。


Falcatus






小さいといってもそこはサメ。捕食能力はかなり高かったと記載されてますので、そこから命名してみました。
PRODIGYはm-ITXファクター用の小さなケースではありますが、小さくてもミドル~フルタワーのゲーミングPCをも凌ぐポテンシャルを秘めた今作品に合うかな~と勝手に決め付けてます。笑

とはいっても、古代魚の名前はヘッドフォン・ヘッドセットに使われてますけどね。。。

ちなみに、過去のRazer MOD機でもRazerのロゴを使わせてもらってますが、今作も同様にRazerのロゴ・フォントを使わせて頂きます。
実は、今作品でのロゴ等の使用に関して、本国のRazer USAのサポートとちょこっとやり取りしてまして、ちゃんと了承を得てたりします。笑

もっとも、営利目的でなければその辺りは本来は自由なんですけどね。別件でRazer サポートとやり取りしてたんで、ついでに了承してもらった訳であります。
Razer側からも自由に作ってOKと言って頂いてますので堂々とやっていこうかと思います。笑






先にも述べてますが先週末まではとても製作している余裕はなかったのですが、製作図面だけは少しずつ進めてましたので今週中にはある程度のカタチを披露出来るかと思います。




ってな訳で現段階での進捗状況をさらっといきますね。


最終的には板金とアクリルを組み合わせていきますが、今はアクリルを切り抜く前に板金ですり合わせをしている状態です。
ですのでまだ塗装もしておりません。



材質 : ボンデ鋼板 t=1.00

120mm / 180mmFAN用のグリル

Dsc03109_2



絡み合った3匹の蛇が特徴のロゴですが、個人的にこのグリル、かなり気に入ってたりします♪



TOPパネル

Dsc03111




Dsc03112_3






リアパネル

Dsc03125





フロントパネル

Dsc03113



MOBOベース、台座とリアパネルを仮組みした状態

Dsc03104



Dsc03106



m-ITXからm-ATXに変更したことにより、ケースサイズの制約でリアI/Oブラケットが使えなくなるのでブラケットレスでも綺麗に収まるようにM5GのI/Oに合わせて開口しています。


クリアのアクリルを用いて細かく採寸していたのですが、それでもほんの数ミリずれてしまったのでこのパネルはゴミ箱行き。リアパネルは作り直します。




小さいケースで必要な部品点数も少ないので、実はこのパネルさえ決まったらもう7割は完成したも同然だったりしちゃいます。
今後の予定としてはアクリルパーツも含めた仮組みまで終えたら、全バラシして塗装していきます。








また、今回使用するサウンドカード、Xonar Xenseもお色直しを。


Dsc02931





そのままでも十分ではありますが、カバーをデコレーションしてみました。




Dsc02934






塗装仕上げでも良いのですが、今後違うデバイスに置換するかもしれない時の事を考えていつでも元に戻せるようにシートで装飾しています。


まずはグロスブラックで全体をラッピング

Dsc02935





あとはここにRazerロゴ、Xense、Sennheiserの文字入れをしたらおしまい。


Dsc02938






仕事柄、カッティングシートは山ほど余っているのですが、Razerのイメージカラーである、Venomous Green Color(毒性状態異常色)にかなり近いもがあったのでそれを使用しています。

Dsc02945





PCBをPROTやPlasti Dip等のゴム塗料で塗装しようかどうか、ちょっと迷うところですねぇ。。。

Dsc02946



最終的な出来栄えを見てから塗るかどうか考えようっと。












ってな感じで前回からあまり進んでいませんが、今週は頑張って進めていこうと思います。



次回もまた、お楽しみに~♪

« Razer Orbweaverの問題点について。。。 | トップページ | 水冷6号機を製作してみる #06 / オリジナルアクリルパーツ製作編 その1。。。 »

水冷6号機」カテゴリの記事

コメント

BBさんこんちわです!毎日寒い日が続いてますから体調管理大変ですよね。しかしながらいつも素晴らしいPC制作しますね、尊敬します。razer好きの俺としては鳥肌PCっす。私には到底作れるものではないですが完成が楽しみです((o(´∀`)o))ワクワク
体調には気をつけて頑張ってください!陰ながら応援させてもらいます!

ponkotu さん

ご心配頂き有難う御座いますm(. .)))m この時期は本当に体調管理が大変ですね。。。
最近やっと禁酒禁煙が解除になって体調もほぼ全快になりつつあります。
ponkotuさんも体調管理には十分注意して下さいませ。

RazerのMODPCはずっと作ってみたかったので皆さんが見ても満足してもらえるような1台を目指しますね~♪


ではでは。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1463695/49042750

この記事へのトラックバック一覧です: 水冷6号機を製作してみる #05 / プロジェクト名発表。。。:

« Razer Orbweaverの問題点について。。。 | トップページ | 水冷6号機を製作してみる #06 / オリジナルアクリルパーツ製作編 その1。。。 »

フォト

Tweet

Facebook

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ