« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月29日 (月)

Razer Kraken Pro を購入してみる。。。

さて、先月発売予定だったKRAKEN Proですが、今月16日にオーダー解禁になったので早速入手してみました。



Dsc02741_2









Headphones

Frequency Response: 20 – 20,000 Hz
Impedance: 32 Ω at 1kHz
Sensitivity (@1kHz, 1V/Pa): 110 ± 4dB at 1 kHz Max
Input Power: 50 mW
Drivers: 40 mm, with Neodymium Magnets
Inner Ear Cup Diameter: 50 mm / 1.97”
Cable Length: 1.3 m / 4.27 ft plus 2m / 6.6 ft splitter adapter
Approximate Weight: 293 g / 0.65 lbs
Connector: Analog 3.5 mm combined jack (headphone and mic)




Microphone

Frequency Response: 100 – 10,000 Hz
Signal-to-Noise Ratio: 52 dB
Sensitivity (@1kHz, 1V/Pa): -40 ± 3dB
Pick-up Pattern: Unidirectional

私の手元には20日には到着しており、その日のうちに使用していたのですが、ここ最近はすっかりBL2に嵌っていてレビューを載せるのをすっかり忘れておりました。呆

ってな訳で、早速外観から紹介していきましょう。






シックな黒と迷っ...てなく、派手なグリーンをチョイスしています。


Dsc02745




Dsc02746



Dsc02747



Dsc02748







今作もプラグは3chになってますね。


Dsc02756






モバイル用途を意識して、カップ部分は折りたたみが可能になっています。


Dsc02751





マイクはSiberia V2等でも採用されているタイプで、カップ内に収納される仕様になっています。

Dsc02762



Dsc02761_2












では、私的なレビューをば。。。


装着感はかなり快適な部類になるかと思います。重さも特に気にならず、圧迫感もないので長時間での使用でも問題ないかと思います。Razerでも、快適な着け心地を謳っているだけの事はあるかと思いますね。

気になるドライバーの音質に関してですが。。。

再生環境は、お馴染みの水冷5号機で。サウンドカードはR.O.G PHOEBUSになります。


正直な感想としては、安価な密閉型特有のコモリが若干強い傾向にありました。

低音域の迫力は良いのですが、中~高音域での抜けの悪さが感じられますね。
何と言いますか、フィルター越しに聴いているという感覚でしょうか。クリア差にちょっと欠けている印象を受けました。

約1時間程、音楽を聴き続けてみたところ、これはこれでアリなのかなという感じもしますが、贔屓目でみても高音質とはちょっと言い難い感じです。
好みもあるかもしれませんが、同Razer製のBLACKSHARKと比較すると、やはり劣って聞こえますね。。。



気になるゲームでのレビューですが、BF3と現在嵌っているBorderlands 2にて使用してみました。

え~っと。。。迫力こそあるものの、発砲音からボイスまで、全体的に篭っていて。。。
定位はそこそこ良いものの、変な篭り感がある為、臨場感も迫力もあまり感じられませんでした。

さらに、VCしながらプレイしてみたのですが、VC上の相手の声が混ざるとちょっと訳がわからなくなるレベルでして。。。




使えない訳ではないですが使いたいとは到底思えないレベルでした。




値段相応といえばそれまでですが、Razerのスタッフが言っていた事とはちょっと違ったかなと思うと残念ですね。

ただ、マイクに関しては最近のRazer製品の中では一番音質が良く、VC相手にもストレスを与える事はありません。

音楽やVCのみでの使用では辛うじて及第点を与えられるかな。。といった感じです。








最も、$79.99という価格設定を考えると悪くはなく、相応なのかもしれませんね。

何だかんだで、今年に入ってからRazerのヘッドセットだけでも3種類4品買っている訳ですが、一旦高音質のリアル7.1chを経験してしまうと2chヘッドセット(ヘッドホン含む)自体が物足らなくなっているのもまた事実だったりします。。。

Dsc02743


2012年10月26日 (金)

Borderlands 2 が国内解禁に。。。

本日0:00にようやく日本でのBL2が正式に解禁になりましたね。
この日を待ちわびていた方々も沢山いたのではないかと思います。

私はここ1ヶ月、先だってプレイしまくっていた訳ですが、シングルでも十分楽しめますがBL2の醍醐味は、何と言っても仲間同士での4人Co-opモードな訳ですね。
特に、初めての2週目の後半はシングルではかなりキツイ部分がありました。

私は海外の友人達とあれこれと話しながらプレイしていましたが、国内でも解禁になったので、日本でのマルチ人口も増えるでしょうね~

ちなみに、現状での最高レベルは50な訳ですが、私的な楽しみ方としては、




1週目は普通に全クエをクリアしていく。

2週目はメインクエのみで50に到達するのでメインのみで。

サブクエは2.5週目に残してレジェアイテム収集に。






っといった感じでしょうか。



これを、5つのキャラで全てやっていくのは、さすがに面倒な部分もありますね。笑

そんな苦労を軽減してくれるのが、BLではお馴染みの

レジェンダリーアイテム

所謂オレンジアイテムな訳でして、今作においても私はレジェハンティングにかなりの時間を費やしています。呆

詳細についてはGearboxのフォーラムに書かれてます。

国内のwikiにも翻訳されて載ってます。








lvl50のレジェを取るには2週目完了後(続に言う2.5週目ですね)に各ボスを何回も周回してドロップするまでひたすら倒し続けるという地道な作業が必要なんですが、レアなだけあって面白いアイ
テムが沢山あります。


Borderlands2_20121014_22561267




Borderlands2_20121017_02345460



Borderlands2_20121017_02593682



Borderlands2_20121017_03042026



Borderlands2_20121019_19343304



Borderlands2_20121020_12160949



Borderlands2_20121020_13075651



Borderlands2_20121020_13170757



Borderlands2_20121020_20415919



Borderlands2_20121020_21023591









中でも、今作での鉄板はこの2つでしょうね。

THE BEE

Borderlands2_20121018_01550372


CONFERENCE CALL

Borderlands2_20121017_02182981







この2つさえあれば、DLCの2つの裏ボスのHyperiousとGee以外は全て瞬殺できちゃいますからねぇ。。。
ハンドガンだとMaggieかInfinityが便利かな。

ちなみに、私のキャラは現在こんなんなっております。


Borderlands2_20121019_13392773



Borderlands2_20121026_13323260



Borderlands2_20121026_15495727





淡いピンクはDLCで入手出来るアイテムですね。

っていうかですね、段々やることが無くなってきてしまったなぁ。。。

発売になってすぐにチートエディターやらなんやらが出ているようですが、それに手を出すと一瞬でつまらなくなると思いますし。。。

まだ育成途中のキャラと取り残しているレベル50のレジェがあるのでそっちをCo-opで楽しみながらやろうかな。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

フォト

Tweet

Facebook

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ