« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月24日 (金)

BF3 COLONEL 100になってしまった。。。

ここ最近は、やりたいゲームが特になかったのでBF3ばかりやっておりました。
デフォマップやB2Kマップもいいのですが、さくさくとキルできるCQマップばかりやってました。


国内鯖はチケットが300%(450)と少なく、あっさり終わってしまう事もあって、海外の1000チケ鯖で遊んでました。

1ラウンドで100キル程すれば30000P前後入ってしまうので、ランクも応じて上がってしまう訳で。。。気づけば








04


05_2







鷹100






01_2



02_2










とやらになってしまいました。汗
廃人ランクになんて正直なりたくなかったんですけどねぇ。。。ランクもリセットできないもんかなぁ。。。








03




そういえば、私はBF3を日本オリジンで予約購入していますが、1日も早くプレイしたくて1週間早くプレイ出来る海外版も購入してるんですよね、私。笑
そっちなら、また「0」から始めれるんですが、それもまた面倒だな。。。







来月にはArmored Kill やF1 2012が出ますが、それまで何しようかなぁ。。。

2012年8月16日 (木)

Razer KRAKEN / KRAKEN Pro がまもなく解禁に。。。

今年に入ってからTiamat EliteにBLACKSHARKと私的にお気に入りなヘッドセットを発売してくれているRazerですが、またまた新作を発表してますね。






RAZER KRAKEN / KRAKEN Pro

0001

コンセプトは最も快適なゲーミングヘッドセット。だそうですが、果たしてどのような物になっているんでしょうね~




Specが公開されているので抜粋してみますと。。。

Headphones

Frequency Response: 20 - 20,000 Hz
Impedance: 32 Ω at 1kHz
Sensitivity (@1kHz, 1V/Pa): 110 ± 4dB at 1 kHz Max
Input Power: 50 mW
Drivers: 40 mm, with Neodymium Magnets
Inner Ear Cup Diameter: 50 mm / 1.97”
Cable Length: 1.3 m / 4.27 ft plus 2m / 6.6 ft splitter adapter
Approximate Weight: 293 g / 0.65 lbs
Connector: Analog 3.5 mm combined jack (headphone and mic)

Microphone

Frequency Response: 100 – 10,000 Hz
Signal-to-Noise Ratio: 52 dB
Sensitivity (@1kHz, 1V/Pa): -40 ± 3dB
Pick-up Pattern: Unidirectional




0002

う~ん。。。40mmのネオジムドライバは一般的ですし、他にも取り立てて目を引くようなスペックではなかったりしますが、どんな味付けをしているんでしょうね。
こればかりは実物を試してみないと何とも言えないですが、BLACKSHARKのインピーダンスが29Ωだったので、若干増加してますね。


個人的に引っかかるのは、BLACKSHARKと同様に





3.5mm 3chプラグを使用していて、エクステンションでスプリッターケーブル仕様にしている。




という点かな。モバイルデバイスとしても有効活用出来るようにとの方向性なんでしょうけど、あの安っぽいスプリッターは改善されてくるのかなぁ。。。








0004

個人的にはProのド派手なカラーリングよりも無印のシックなブラックの方が落ち着いてていいなぁなんて思ったりしますが、どうせなら派手な方がいいかな。笑

ちなみにスペック表で比較してみると。。。




0003

ヘッドセットがProで、ヘッドホンが無印のようですね。







BLACKSHARKでは低音域の迫力は最高なものの高音域のクリアさにちょっと欠けていたので、この辺りが改善されているなら買いかもですね。

値段も$79.99USD(無印は$59.99USD)と安いので過度な期待は出来なさそうですが、ネタ的に買ってみようかな。

Razer KRAKEN / Pro 公式比較ページ


Razer KRAKEN Pro 公式ページ

気になる方は公式ページをご覧下さいね。

2012年8月15日 (水)

BF3 Defibrillator Kill を試してみる。。。

BF2では結構使っていた技だったんですけどね、BF3では何回やっても出来ないのでてっきり不可能だとばかり思ってました、Defibirillator Kill。いわゆる






パドル・キル

012









な訳ですが、動画でやっているのを見た事はあったものの、実際は無効になったもんだと思いこんでたのですが、昨晩仲間とあれこれと調べて試したところ。。。











実は可能だった。爆






色々なパターンでお互い試したのですが、有効なのは背中のバッグ以外の部分が比較的簡単に逝けた感じでしたね。


ってな訳で、早速実践してみました。







02_4



03




04_2

01

 





メリットとしては。。。

 

スポットが入らないので他の敵に見つからない。


ナイフ・キルが出来ないような体勢の敵にも有効。


芋には精神的屈辱を与えられる。



鯖によってはElectrocuted Kill(感電死)のメッセージが出るので目立つ。


乗り物扱いとなっていて、ナイフキルの出来ないMortar使用中の敵にも有効



011


Toroさん、協力感謝です♪








一方、デメリットとしては。。。

 

銃で撃った方が早い。


振り返られたらほぼ確実にやられる。


Defibirillator Killの項目がないのでStatsにも表示される事がない。


ナイフ・キルのようにドッグタグが奪える訳ではない。




05




06_2







エンジニアのリペア・トーチ・キル同様に使いどころがかなり限られるキルですが、実戦ではリロードが間に合わなかったり、弾切れだった際には使えるかな~って感じですね。

それ以上に、相手に屈辱感を与えるネタキル要素の方が圧倒的に大きいですが。。。笑








07




08_2








皆さんはとっくにパドル・キルに関しては知っていたかもしれませんが、私と仲間達はですね。。。








発売になってから間もなく1年が経つのに、全く知らなかった。笑







さて、パドル抱えて戦場に逝ってこようっと~

2012年8月13日 (月)

F1 2012 発売まであと少し。。。








いよいよF1 2012の解禁日が迫ってきましたね。















ここ最近はBF3ばかりでして、レースゲーはDiRT Showdownをやっている位だったりします。

個々の好みによってF1 2011の評価は様々だとは思いますが、私的には2011はどうもしっくりこなかったんですね。
グラフィックも去ることながら、ハンコンの設定をどう弄ってもステアリングの切れ方がちょっとピーキーな感がありまして。。。

その辺りは2010の方がハンコンの動きに忠実だったなぁと思ってます。





開発中のSSも一部公開されてますね。



4ba7cf7ad893903674b08a45c6bd4e99149



38a96d3a1e2d0d32b6fd513141409337988



B4e18b4679213357ee7084f661c5466e76a






気になる解禁日は9月21日との事。アジアはもしかしたら例の如くリージョンの絡みで遅れるのかもですが、そうなったらVPN噛ませば済む事ですしね~




公開されているアメリカGPのサーキットの開発中のプレイ動画がかなり参考になりそうですね。





T-camビューではありますが、車体以外のオブジェの質感は2011の時と比べるとかなりリアルになった様に思います。
どちらかというと2010寄りかな?





気になる方は公式HPを覗いてみてはいかがでしょうか?

 

Codemasters F1 2012公式HP


 

Facebook F1 2012

2012年8月11日 (土)

GRID2 のトレーラーが公開に。。。




前作が2008年6月発売ですから、5年越しになりますね。






近年のコドマスの代表作品といえば、F12010/2011はもちろんF1で、DiRT1/2/3はラリーカーをモチーフにしてますが、GRIDの面白みは、やはり




市販車からレースマシン、ストリートからサーキットまでの幅の広さ




ですね。ただ、車の挙動やドリフトステージでの不可解な日本語実況部分などは前作でちょっと気になりましたが、今作ではどうなるのかな??






エンジンやDirectX環境などはちょっとわからないですが、新しいTrueFeel Handling Systemの物理演算でより実車に近づいてると書かれてます。
シミュレータというよりは、やはりレースゲーム寄りかとは思いますが、何にせよ、発売が楽しみですね~

SSも公開されてますね。

6c5a8e8b697a467a19d15b365bebc941a_2



6f443ce2559e744befe6a43dae492df13_2


148b43629508697a7254ae1659fa95574b8


E3d277530fb5d1db2a8839a3fe76fa54f24








オフィシャルサイトはこちら。



Codemasters内のGRID2ページはこちら。

当Blogのコピー記事を発見。。。

一般的に気に入った記事やツイート等はリブログやリツイート、facebookではsharing等という機能ってありますよね。私もリツイートは度々やっております。


先日、知人からですね、そっくりな文章のTiamat 7.1のレビュー見つけたよ~なんて事を言われました。

で、URLを教えて貰い覗いてみたところ。。。



なんじゃこりゃ?



ってな呆れる記事で御座いました。呆

そのBlogのタイトルもリンクも貼るのも阿呆臭いのでSSで晒すとしましょう。

Tiamat Elite 7.1の説明。その1


A001







B001










Tiamat Elite 7.1の説明。その2


A002





B002





まぁ、この程度はどこでもよくある事ですし、私も部分的にメーカーサイト等の記事を抜粋する事もあります。なので別段気にしないんですけどね、問題はここからです。


レビュー部分。その1


A003





B003







レビュー部分。その2


A004





B004






何これ。レビューまでコピペと来たもんだ!!呆




しかも、私はリアル5.1ch音源のDVDでチェックした感想なのに対して、コイツはたかだか2chのAVで、音源が5.1chだのどうのとか。。。

AVで遠くの音とか近くの音とか。。何それ?爆


個人Blogの閲覧数なんてごく少数なのかもしれませんが、コイツには呆れるというか。。。笑っちゃいましたね。


で、ですね、更に面白い事を発見しまして、ここの管理者のツイッターのアカ、どっかで見たなぁ~って思っていたら

私に直接購入先やら購入方法、輸入方法なんぞをあれこれ聞いてきた上に、やり方わからんから1個売ってくれ。

って言ってた奴でした。で、断ったら消えていったという。。。爆

お粗末というか、何というか。。。やっぱり夏になると、色んな輩が沸いてくるもんですね~。笑


2012年8月 7日 (火)

Razer Tiamat Elite 7.1 / BLACKSHARK 在庫アリ。。。

国内では依然販売されていない




Tiamat Elite 7.1



BLACKSHARK





ですが、現在はRazer APで在庫有りになってますね。漸く潤沢になってきた。。かな??




以前の記事でも私なりのレビューを色々と書いていますが、残念なマイク性能によって

VC時はBLACKSHARK

非VC時はTiamat Elite 7.1



と使い分けている次第です。






詳細は以下をご覧下さいませ。




Razer BLACKSHARK を購入してみる。。。


Razer Tiamat Elite 7.1 Surround Sound Analog Gaming Headset を購入してみる。。。


Razer Tiamat Elite 7.1 に致命的な弱点が。。。











現在、APにて購入可能ですので、どうしても欲しいという方は以下から購入が可能となってます。




Razer Tiamat Elite 7.1


0002




Razer BLACKSHARK


0001












送料はいずれも$26で、発送までに約3日。Fedexにて着弾までに3~5日ですので比較的早く着弾する方かと思います~

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

フォト

Tweet

Facebook

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ