« 水冷5号機を製作してみる #19(番外編) / MOD RIGの動画を作ってみた。。。 | トップページ | ASUS Xonar PHOEBUS の不具合について。。。 »

2012年7月 1日 (日)

Razer Tiamat Elite 7.1 Surround Sound Analog Gaming Headset を購入してみる。。。

先日、Razer BlacksharkとTiamat Elite 7.1がオーダー受付開始になったのはお伝えしていたのですが、肝心の



Tiamat Elite 7.1 Gaming Headset


のレビューをしてませんでしたね。。呆

このTiamat Elite 7.1の最大の魅力は、何と言っても世界初の






001




独立した10個のドライバでリアル7.1chをヘッドセットで実現している。






の一言に尽きますね。

左右それぞれに、

Subwoofer

Front

Center

Side

Surround

の5つのドライバーがリアル7.1chを実現させている訳ですが、私なりのレビューを載せていこうと思います。


まずは中身の紹介から。。。

相変わらず、Razerらしい黒/緑が基調の箱に入ってますね。

Dsc02534







アナログ接続なのでドライバーCD関連は一切ありません。



Dsc02535_2


また、イヤーカップを覆うカバーも付属しています。

Dsc02541




本体はこんな感じです。

Dsc02542







5個のドライバがヤバイ位にカッコイイですなぁ。。呆
グリーンのRazerロゴもいい感じに光ってくれます。

Dsc02578




Dsc02567_3



Dsc02586_3





イヤーカップカバーはマグネット脱着式になってます。着けるか否かは好み次第ですが....着けない方が良いですね、個人的には。笑

Dsc02587




Dsc02584_2





コントロール・ユニットはMegalodonの物と比較するとちょっとゴツくなりましたが、操作性は向上していますね。

Dsc02579







下部の3つのスイッチは左からマイクのON/OFF、ヘッドフォン/スピーカー出力切り替え、7.1ch/2.1chの切り替えスイッチになっています。

Dsc02582_2



上部の小さなダイヤルは各チャンネル及びマイクのボリューム調整の為の切り替えスイッチになっています。


Dsc02581





中央の大きなダイヤルは各チャンネルのボリューム調整、ミュートスイッチになっています。

プラグですが、アナログ7.1chという事もあり、3.5mmプラグが4本、マイク用の3.5mmプラグが1本の計5本に電源供給用のUSBとなってます。


Dsc02561






また、2ch変換用のプラグもありますが、Tiamatを使用するにあたってこれは不要ですね。


Dsc02562






マイクは収納式になっていて、2段階でスライドで出てきて、
先端側のみ曲がるようになってます。

Dsc02553



Dsc02556_2


という訳で、実際の使用感を。

検証PCはもちろん水冷5号機で。

主な構成パーツは以下になります。

CPU   : Core i7 3930K
Mobo  : EVGA X79 CLASSIFIED
RAM   : Corsair  CMT16GX3M4X2133C9 4 * 4GB
GPU   : SAPPHIRE HD7970 * 3
PSU   : Seasonic SS-1250XM
DVD   : LG WH12LS39
SSD   : PLEXTOR M3Pro 256GB * 2
HDD   : Seagate ST3000DM001 3TB SATA600 7200rpm * 2

 

AUDIO : ASUS XONAR PHOEBUS

Dsc02563

サウンドの設定は以下のSSを参考にして下さい。

P001




P002_2



P003



P004



P005





まずは音楽から。

適当な選曲ですが、各ジャンルから以下のアーティストをピックアップして聞いてみました。

J-POPS   : 久保田利伸
K-POPS   : SNSD
POPS      : Macy Gray
ROCK      : AEROSMITH
METAL    : METALICA
VOCAL    : Holly Cole
JAZZ       : Miles Davis

一般的な音源は基本的に2chですから、7.1chヘッドセットにはちょっと不向きな感じですね。


特にこのヘッドセット。
2.1ch出力にしてしまうと、スッカスカのペラッペラになってしまい、ハッキリ言って使い物にならないです。


ただ、7.1chで再生させると大満足とまではいかないまでも十分聞けるレベルの音質を出してくれます。
音源の位相を感じながら聞けるのはやはり7.1chならではですね。

個人的にはJAZZやVocalが特に音の奥行きを感じられました。



映画ですがこれまた適当にM:i:IIIを。

003

これがですね、予想を遥かに上回る良さで驚きました。


最も、DVDの収録音源が5.1chだったのもあるのですが、実際に映画館で聞くドルビーサラウンドと同じ感覚ですね。
音の位相がわかりやすく、遠くの音は遠くから、近くの音は近くから。それぞれの音がリアルに聞こえてきます。


LIVE DVDはこれまた適当ですが、安室奈美恵のPLAY TOUR 2007を。

004


こちらも5.1ch音源だけあって非常に臨場感のある音質を再現してくれていますね。




さてさて、前置きが非常に長くなりましたが、私的なメインな使用目的であるゲームでのレビューを。

まずはレースゲーから。

F1 2011

F1_2010_game_20110925_22005158



PHOEBUSで今まで聞こえていなかった細かい音が聞こえるようになっただけでも驚きなのですが、そこに7.1chが加わる事によって更なる臨場感が出ました。
驚いたのは低速コーナーでフルバンクまでステアリングを切った時にロードノイズがしっかりと下から聞こえてきたことですね。。。驚



DiRT3

Dirt3_game_20110524_185503066



こちらもPHOEBUSで再生されている細かい音が7.1chでよりその位相がわかるようになりました。
ダートを走っている時のボコボコ感がこんなに再現されているとは、驚きです。



DiRT Showdown

008



ダートやターマックでの感覚はDiRT3と同じですが、こっちの醍醐味はやっぱり壊し合いでして、敵の車にぶつけられた時にどこからぶつけられたかが非常にわかり易かったですね。





FPSは、やっぱりBF3でしょう。笑





Bf32012061418154517



Bf32012061418465420


Infでの臨場感も去る事ながら、足音が今までよりもよりハッキリと聞こえます。また位相もよりはっきりしたので背後に迫る足音や叫び声が今までのEAX以上にわかりますね。。驚






Bf32012062921215314



Bf32012010101550642



また、戦闘機やヘリでの効果音も今まででも十分良かったのですが、より音の位置がはっきりと聞こえてきます。





という感じで大まかではありますがレビューをしてみました。






基本的には大満足な一品ではありますが、敢えて欠点を挙げてみますと、


2ch音源の再生はあまり得意ではない。

 

密閉度が高いので2時間以上装着していると耳が痛くなる。


リアI/OのUSBから給電するとノイズが走る。


といった所ですね。
長時間使用する際は、耳を保護する意味でも適度に休憩をとった方が良いかなと思いました。
まぁ、長時間のプレイは耳だけでなく、目にも良くないですけどね。呆


ノイズに関してはAC給電のUSB-HUBから給電させたらノイズは全く無くなりました。

ちなみに、サウンドカード推奨なこのTiamat Elite 7.1を一般的な7.1ch対応のオンボードチップでも使用してみましたが、

7.1ch対応のサウンドカード経由の方が圧倒的に良い

という結果でした。(当たり前ですけどね)

ちなみに、Xenceと20K2でも使用してみましたが、こちらは問題無く良い音質でした。

個人的には非常に買いな一品だと思いますが、オープンエア派な人や音楽メインな人には不向きですね。


といいますか、2日前に販売開始のアナウンスがあったばかりだったのに、







005

既に在庫切れ。笑




日本での正式販売はいつになるんでしょうねぇ。。。





ちなみに、私はUKから取り寄せた訳なんですけどね、




Dsc02531

2つゲットしていますが何か??笑

« 水冷5号機を製作してみる #19(番外編) / MOD RIGの動画を作ってみた。。。 | トップページ | ASUS Xonar PHOEBUS の不具合について。。。 »

Headset」カテゴリの記事

コメント

かっこええですね('∀`)レーザー俺も好きっす。しかし音凄そう・・・

ponkotu7 さん

自分は根っからのRazerマニアですから、たとえハズレだったとしても飛びついてますね。笑

音質はヤバイですが、実は大きな欠点を発見してしまいまして。。。汗

7月30日に自分も注文しました。
届くのが楽しみです

Razer さん

返信遅くなりました。
丁度Razer APから届いた頃でしょうか?
楽しみですね~

tiamat7.1よさそうですね~。
僕はエモシオンを持っているので、FPSだけをする前提でしたらtiamatいらないんですかね?
2ちゃんねるでスピーカーの配置がダメダメだと聞いたので定位が悪いのかな~って不安です・・・><
それと、ASUS XONAR PHOEBUSこれは7.1chに対応しているんですか?よさそうで目をつけていたのですが、詳しくどこにも書いてなくて・・・。

HinaHina さん

私自身で5.1chのEMOCIONを試した事がないので正確な比較が出来ませんので何とも言えません。。汗
FPS前提とした場合に限らず、Tiamat Elite 7.1を使用する際にはBASS Boost機能のついている7.1ch対応サウンドカードは必須かと思います。
Bass BoostのON/OFFでガラっと変わりますね。

PHOEBUSのFlex Bass機能のSS

http://burningblood.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2012/07/01/p004.jpg

PHOEBUSに関してはこちらを。(7.1ch対応してます)

http://burningblood.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/asus-xonar-poeb.html


また、Razerzoneで、Tiamat 推奨サウンドカードリストもありますので参考にしてみて下さい(PHOEBUS発売前に公表になったものです)。

http://www.razerzone.com/tiamat/en/soundcards

上記リストには無いですが、当方Xonar Xenceでも試してますが非常に良かったです。
個人的にCreative製品は安定感とクリアさに欠けるのでちょっと。。。かなと。

定位に関しては、私的には問題ないと思います。BF3なんかは、ゲームそのものの音の定位が一部曖昧だったりするので、特に戦闘機の音を地上で聞くと見つけにくい事も結構あります。
ただ、これは現実に上空の戦闘機の音を聞いても音速の世界の乗り物ですので、音の方向を探しても既にそこにはいないのが実状なので、案外正しかったりするかもですけどね。
内部のドライバの配置の問題ではなく、正式に7.1ch出力に対応していないゲーム側の問題ですね。

FPSのみを前提とした場合ですが。。。個人的にはアリだと思います。
ただマイク音質が酷すぎるので、私はVC併用プレイ時は2chのBLACKSHARKを使用してます。が、こっちの音の色づけも好きですし、SiberiaV2やHD598でも十分プレイ可能ですね。

現状で不満が無いのであれば購入する必要は無いですし、ネタ的に逝ってみる勇気があれば、Tiamatに逝ってみるのもアリかなと。
2chだと、中~高音質のクリアさ重視ならHD598を、全音域のバランスならSiberiaV2を、中~低、重低音重視ならBLACKSHARKかなと思います。

初めまして
今さらながら何ですが
tiamat7.1 と ASUS XONAR PHOEBUS
買って取り付けたところまでは良かったんですけど
肝心の配線が分からず7.1を生かせてません

主さんの配線を教えていただけませんか?@@;
配線してみて、設定も済ませてfpsやってみたら音がもっさり、聞こえない。

AVAというゲームをやろうと思ったんですけどこれじゃどうも...
試しにitunesで音楽流してみたら左からしか音が出ませんでした。これは仕様でしょうか?

調べてたらこのサイトに行き当たったので宜しければ教えてくださいお願いしますm(_ _)m...

匿名 さん

Tiamat Elite 7.1とPhoebusの接続方法ですが、ピンジャックに関してはMobo側より順に

Gray / Black / Orange / Green

の順番で繋いでますか?これを間違えるとまともに音が出ません。

また、このページのPhoebusのSSを参考に初期設定感覚で設定してみて下さい。
要点としては、Speaker Setteingsを7.1Chに(Surround Maxのチェックは外して下さい)。Sample Rateを192KHzに。そしてFlex BassをEnableにして下さい。
また、Dolby Home TheaterもONにして下さい。これでガラっと変わると思います。

その後ご自身の好みの味付けに変更して下さい。


失礼を承知で。
AVA等のフリーウェアゲームは私は興味が無くプレイしないので何とも言えないのですが、フリーウェアのゲームはゲームそのものが大したサウンド、及び定位を持っていないのでどこまで変わるのかは私にはわかりかねます。。。
この手の物は案外2chでプレイする方が良いかもですね。

今書き込んでも初期不良対応は時効でしょうけど、配線や設定に問題無いなら、Tiamat7.1かPhoebusの初期不良を疑っていいんじゃないかと。
自分のケースですが、入手したTiamat7.1は、センターの音が鳴ってるかを疑うほど小さくて、たま~に大きくなったりするもんだから、購入先で初期不良として交換してもらいました。
サウンドカードでもオンボードでも、ドライバ入れても汎用ドライバに戻しても、症状に全く変わりが無かったので、これはTiamat7.1側だなと。更に補足するなら、それまで使っていたROCCATのKaveでは、そういう症状に遭遇してなかったので。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1463695/46059160

この記事へのトラックバック一覧です: Razer Tiamat Elite 7.1 Surround Sound Analog Gaming Headset を購入してみる。。。:

« 水冷5号機を製作してみる #19(番外編) / MOD RIGの動画を作ってみた。。。 | トップページ | ASUS Xonar PHOEBUS の不具合について。。。 »

フォト

Tweet

Facebook

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ