« 水冷5号機を製作してみる #14 / 内部装飾完了。。。 | トップページ | BF3Premiumが解禁に。。。 »

2012年5月31日 (木)

水冷5号機を製作してみる #15 / フロント・トップパネル製作編。。。


さて、いよいよ大詰め。最後の予定のパーツの製作となりました。






前回までで、ケース内部が完了し、あとはフロントとトップのパネルを残すのみです。
Rosewill Blackhawk Ultlaのパネルは元々写真の様になっています。


Dsc00406




Dsc02155_3





今回、天面に560ラジを仕込んだ為にトップパネルの各スイッチ類及びHotswap用の3.5ベイが干渉してしまいます。
その為、スイッチ周りを別の場所に設けるのですが、トップパネルにはそのスペースが無くなったので、フロントパネルに新規製作しました。

まずはトップパネルから。
防塵用のパンチメタルを撤去。これは裏面の爪を起こしてやるだけで簡単に外せます。






Dsc02162


Dsc02167






で、スイッチ周りの干渉する部分をカットするのですが、ファンとは干渉しない蜂の巣状のプラスチック部分が残るのが見栄え的に気に入らないので

Dsc02171




豪快にカット








しちゃいました。
この大きな開口部をどうするか。。ですが、クリアアクリル(キャスト/t5)を用いてこんなパネルを製作しました。


Dsc02164

ラジファンの排気部分をCLASSIFIEDのロゴで抜いています。






Dsc02177





仮合わせするとこんな感じになります。




Dsc02178







このままだとパネルのくり抜き部分が丸見えでダラシナイのでロゴ以外の部分を隠す為に、裏面から黒のカッティングシートを貼りました。


すると。。。







Dsc02214





アフターパーツっぽく見えます??呆

細かい部分も抜かりなく、エッジはパネルの形状に合わせてアクリルも曲げています。
アクリベンダー使っても出来ますが、バーナーで炙ってアクリルをフニャフニャにした状態でパネルに合わせて曲げ加工しました。


Dsc02215






トップパネルはこれでおしまい。











お次はフロントパネルです。
デフォの状態だと他の部分とマッチしないので、こちらもアクリルカバー仕様に。



フロントがどういう状態になっているかといいますと。。。



5インチベイマウンターはSUS #400にて新規制作。560ラジとの干渉を防ぐ形状にしています。
ここにAlphaCool 240x128 Pixel Dual Bay LCD Display、FC5V2、LG BDドライブを設置しています。


Dsc01074

Dsc01268



Dsc01273



既存のマウンターと全く同じ位置に着くようにしています。






そして、下部のケースファンがあった位置はざっくりとくり抜き、内部に設置したラジケース内の2機のCG Extreme 280が見えるように。


Dsc02161









さらにその前部にアクリルでSSDマウンターを製作、設置しています。


Dsc01321



Dsc01324_3



当初はエッジパープルのアクリルで製作したのですが、UVに反応して青く光ってしまうので、クリアのアクリルで作り直しました。

Dsc01279






SSDは。。。シート関係を前部剥がし、メタルのシートで全体を覆い、BBロゴのインクジェットでデコSSDへと変身させました。爆



Dsc01083_2




Dsc01089_5





この2機のSSDを斜めにオフセットし、7mmの鞘を作り、ポリカネジ(透明のビスナット)で浮かして固定しています。

スイッチ関係はどうすんの????ってな話ですが、BDドライブとSSDマウンターの間に設置します。

Power / Resetボタンはこちらを使って新規に製作。



Dsc01736





Vandal Resistant Illuminated Switch 16mm Black - Purple Ring






Dsc02306



Dsc02307_3



モーメンタリースイッチなので、押している間だけ通電します。
(参考までに、1回押したら通電しっぱなしの一般的なスイッチはオルタネイトスイッチと呼びます)


また、リングは勿論






紫に光る








のですが、HDDアクセスLEDは不要なので、どちらのLEDもMobo上のPower LEDから電源を供給しています。
青リングのモーメンタリースイッチであれば国内でも入手可能なのですが、紫物は入手不可能で、PPcsにて購入。

これらのスイッチはMobo上のピンヘッダに繋がるのですが、ケーブルをラジファンの下を通すため、1本ものにしてしまうと何かと不便ですのでUSBやオーディオ用の10pinのオスメスコネクターを割り込ませる事で簡単に脱着できるようにしています。



Dsc01739


(ピンボケでスマソ。。。汗)


Dsc01741

また、フロントUSB/Mic/Headphoneのコネクタですが、正直な所フロントパネルの物は私は使用しないので設ける必要はないのですが、設置できるスペースがあるので折角だからと設ける事にしました。


こちらは既存の物を流用しています。



Dsc01728





取り付けは5mmのミラーマット(クッション性のある両面テープと思って下さい)でSSDマウンター上部に貼り付けるのみです。ちょいと手抜きかもですが、これで十分なのです
。。笑

当初はフロントのオーディオジャックも活かす方向でいたのですが、OPA内蔵のサウンドカードを挿している都合上、フロントパネル出力は一切使わな
いので、ダミージャックにする事にしました。

さて、これらをどうやって覆うかといいますと、全ての寸法を正確に測った上で図面を起こして製作しました。




Dsc02165

養生が着いている状態ですが、いくつか穴が開いているのが判りますでしょうか?
これらはファンコンのボリューム抓みとBDのベゼル、フロントI/Oの取り出し口になってまして、さらに各々が何か判るように。。。

Dsc02197


レーザー彫刻でネームを彫ってます。呆

USBやスイッチ周りだけでなく、FC5V2のボリュームつまみにも各系統のFANに対応した場所に仕込んだサーモセンサーを一目で判断できる様に、その場所を刻印しています。





Dsc02196_2




また、フロントパネル用のアクリルパネル裏にも、不要な部分を隠す様に裏面から黒のカッティングシートを貼っています。






Dsc02182


シートを貼った状態はこんな感じになっています。(マスキングを貼っているのは取り付け用の位置出で貼っている為です。)

おまけでこんなものも彫刻してたりして。。。笑




Dsc02205






加工したフロントパネルはこんな感じになりました。




Dsc02209




Dsc02211


中々イカすでしょ??呆





Dsc02213

エッジ部分は勿論曲げ加工しています。

ここに先のモーメンタリースイッチを仕込んだ状態がこちら。


Dsc02219



Dsc02221_2


Dsc02222






また、製作したアクリルの縁取りに、更にこんな物を仕込んでいます。



Dsc02224

有機ELワイヤーネオン




色合いを数パターン試す為にブルー/パープル/ホワイトを購入。
各3mの長さがあるのですが、必要な長さに切って使えるので非常に便利です。

一応、自動車専用と謳われていますが、DC12Vであれば問題なく動作するのでPSUの12Vでも問題なく発光します。


数パターン試した結果、アクリルの両サイドでパープル/ブルーの2色に色分けする事にしました。



必要な長さで切った後、こちらも漏れなくスリーブ化しています。


Dsc02225




レジスターは5インチベイケース内部に貼り付け、LCDモニタと560ラジの隙間から出すようにしています。











さてさて、前置きが長~~くなってしまいましたが、これらの最終パーツ(仮)を装着します。

どんな感じになったかといいますと。。。。。。。。。。









Dsc02236


Dsc02245_2


Dsc02239



Dsc02255


こんな感じになりますた。滝呆

どうでしょうか。。個人的には構想通りの一体感が出ているかなと思いますが。。。。

SSDマウンターの側面に、更にBBロゴを仕込んでいます。



Dsc02262



ちなみに、これはエッジパープルのアクリで製作しているのでUVに反応してくれます。

DVDのベゼル部分にもアクリルパーツを装着。裏面にCLASSIFIEDのロゴを彫刻しました。






では、PCを動作させて一斉点灯といきましょう












Dsc02268



Dsc02269_2


Dsc02271


Dsc02273


Dsc02279





どうですか?アフォの極みでしょ?呆




取り付け写真を撮り忘れていたのですが、天面の560ラジの両サイドには青のテープLEDを、SSDマウンターの両サイドには紫のテープLEDを仕込んでいます。

Dsc02278_2


Dsc02280




その紫のLEDにSSDマウンター内部のBBロゴが反応して青く光っているのがわかりますでしょうか?



Dsc02301_3





BDドライブのベゼル、問題なく開閉できるように製作しています。


Dsc02299










構想から丸4ヶ月、暫定仕様ですがようやく









0001







と相成りました。いやぁ。。。。永かったですねぇ。。。





Dsc02281_2



Dsc02285_5


Dsc02288


Dsc02290


Dsc02294


Dsc02295


Dsc02297


Dsc02304





今回の作品では、色々と試したかった、作りたかったものをほぼ100%実現させたので途方もない時間が掛かってしまいましたが、そのお陰で




超やりすぎた感満載






なMOD PCが出来上がりました。爆

とはいえ、MODPC界ではこんなPCゴロゴロ転がっていますけどね。。。


ところで、何故
「ほぼ100%」なのかって???



ちょいと、思いつきで新たな化粧パーツを製作しているからでございます。呆



その化粧パーツとサウンドカードが届いてから完成となります。
また、CPUも3970Xの発売を見越して現状は3930Kにしているのと、GK110が出たら確実に移行しますので、今後もアップデートで楽しんでいけるかな?っ
て感じですね。


現在は既にOC設定はほぼ完了しておりますが、サウンドカード到着までの間はメイン機に移行させず、のんびりと各設定を煮詰めて行こうと思います。




あらためまして。。。



いやぁ。。。。ほんと、永かった。。。。爆



でもね、完成してしまうとちょっと淋しくなってしまいますね。。。

MOD PCって、使うのはもちろん楽しいのですが、それ以上に作るのが楽しかったりしますので。。。。



今回はBlackHawk Ultraという自由度の高いケースでMODしましたが、正直な感想を言いますと、






ケース加工するよりも、ケースごと作ってしまった方が遥かに簡単で自由度も高い






と再度実感しました。笑

まぁ、その辺りは690NV MOD機を製作した時に既に感じていたんですけどね。。。

P1300250



P1300251_2


おぉ、懐かしの690NV MOD / 3画面仕様機だ。^o^)




何かしらの制約の中で作るのも楽しければ、何の制約無い中で作るのもまた楽しいですね。


今後の予定としましては、水冷5号機の各ベンチ検証を行いながら、実ゲームでの動作チェック等を行っていきたいと思います。
来月にはBF3のDLCが解禁になりますので、その頃までにはメインへと移行させても良いかなと思っています。

とはいえ、メイン機で以前使用していた3枚の24インチが余っているので、現メイン機(Core i7 990X / G1:Assassin / EVGA GTX580SC 3-Way SLI)にそのモニタを使わせればメイン機2台構成でもいいのか。。。(モニタ切り替えでの使用は考えてません。)

ゲームのタイトルによってはnVidia、RADEONに有利不利が出るのでタイトル毎にPCも使い分けるってのが一番良いかもしれませんね。






何はともあれ、無事に水冷5号機が完成しました事をここに報告致します~

« 水冷5号機を製作してみる #14 / 内部装飾完了。。。 | トップページ | BF3Premiumが解禁に。。。 »

水冷5号機」カテゴリの記事

コメント

おおおおおおおおおおおおおおおおお 

とうとう出来上がってきちゃったんですね~^^ パチパチパチ♪

もう ほんと 圧巻 脱帽 アメージングですです。
BBさん とりあえずお疲れ様でした。

このPCを眺めながら 1杯ひっかけて 至福のときを迎えるんでしょうねw

ついにきましたね、おめでとうございます。
なんか凄すぎてなんだかわかんないですw
これが私のとこに送られてくると思うとワクワクしちゃいます( ^ω^)

みっくん さん

>もう ほんと 圧巻 脱帽 アメージングですです。
>BBさん とりあえずお疲れ様でした。

そう言って頂けると、頑張った甲斐がありますね。
あっりがとうございます~ ^▽^)/


>このPCを眺めながら 1杯ひっかけて 至福のときを迎えるんでしょうねw

部屋を真っ暗にして、見ているだけでも十分酔ってしまうアフォでした。笑

あーりん さん

>ついにきましたね、おめでとうございます。
>なんか凄すぎてなんだかわかんないですw

ありがとうございます~~^▽^)
なんだかわからないPCを作るとこうなりました。笑


>これが私のとこに送られてくると思うとワクワクしちゃいます( ^ω^)
ぇ?Xonar Essence STXだけでは飽き足らず、今度は丸ごと送れと??爆

製作費を全額払ってくれたら、検討。。。しないって。笑

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1463695/45479223

この記事へのトラックバック一覧です: 水冷5号機を製作してみる #15 / フロント・トップパネル製作編。。。:

« 水冷5号機を製作してみる #14 / 内部装飾完了。。。 | トップページ | BF3Premiumが解禁に。。。 »

フォト

Tweet

Facebook

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ