« 水冷5号機を製作してみる #6 / ラジエターケース製作編 | トップページ | Ivy Bridge 3770K / Z77 Fatal1ty Professional を購入してみる。。。 »

2012年4月 8日 (日)

水冷5号機を製作してみる #7 / Backside Water Block 製作編

以前の記事#3(オリジナルバックプレート製作編。。。)にて、MoboのCPU裏を冷却する為にEK WaterBlocks EK-Supreme HF - ENを流用できるように、2mmの銅板を用いてオリジナルバックプレートを製作した事はお伝えしていました。

Dsc00884

Dsc00886

Dsc00926

Dsc00929

当初はこのまま製作していく予定だったのですが、肝心の779用の水枕が一向に発売にならない為にあれやこれやと構想が広がってしまい、折角なら






水枕ごと作ってしまえ!!(呆








ってな訳でオリジナルのBackside Water Blockを製作しちゃいました。

実は、私はPen4時代...ってことはかれこれ15年程前ですが、その頃にも銅版で水枕を自作してたりします。笑
当時は銅版の貼りあわせでろう付けしたものを仲間うちで見よう見まねで製作したのですが、暫くの間は快適だったのですが、調子に乗って金魚ポンプやら、自動車用のウォッシャーポンプで循環させていたら




溶接が剥がれて大噴水(核爆




なんて大失敗をしてたりしました。
なので、水枕の製作は今回が2回目だったりします。笑
失敗した暁には、皆さん大笑いしてやって下さいまし。



まずは、構想を形にする為に図面を起こします。



左がベースプレート銅版彫刻用、右がアクリルカット用の図面です。

001_2



銅版の彫刻の詳細はこんな形で。


002

仕上がりイメージは概ねこんな形を構想しています。

003

今回用意した銅版は5mmと7mmの2種類になります。

Dsc01123



5mmの同板は貰えたのですが、さすがに7mmは在庫がなかったために取り寄せました。
銅版にウォーターゲートを彫り、同サイズのアクリルで蓋をするというEKの水枕風にしようという試みですが、果たして...



銅版への彫刻はいつもの工場にある工業用トリマで行う予定でしたが、銅板への掘り込みには限界があるとのことで、外注に出す事にしました。
その為、彫っている様子はお伝えできないので、出来上がった物をば。。。

Dsc_0285


うんうん、構想通りに彫れてますねぇ。喜



7mmの板に5mmの掘り込みでウォーターゲートを設けてます。また、TOPプレートとの間にOリングを仕込むのですが、こんなサイズの物は当然売っておらず、ゴムシールを充填する形にしたので幅3mm/深さ1mmの溝を設けています。
5mmの銅板への彫刻は7mmの出来栄えを見て考えてましたが、7mmの方が良さげなので5mmは保留にしてます。




お次はTOPプレートですが、こちらは13mmのアクリルで製作します。
ベースプレートとの誤差を防ぐ為にレーザーで抜きました。

また、Complession Fittingのタップを揉む為に11mmの穴を。ベースプレートとの固定用に4.5mmの穴を。Moboとの固定用に5mmの穴を設けてます。

来上がったものがこちら


Dsc_0281




ベースプレートと仮合わせしてみるとこんな感じです。

Dsc01417

Dsc01416


わかっている事とはいえ、ピッタリ収まるとウキウキしちゃいますねぇ~

ベースプレートに固定用の穴を穿孔して、ポリッシャーで軽く磨いたものがこちら。M4のタップ処理、及び角もR処理しています。

Dsc01424

Dsc01426



最終的には裏面はバックプレートの時と同様、鏡面仕上げにしますが、
ピカピカで綺麗ですねぇ。。。

また、アクリルのTOPプレートですが当然このままで終わるはずはなく、レーザー彫刻をしました。
見栄えを考慮してウォーターゲートと接する裏面にBBロゴを、表面に文字を彫刻します。
(一緒になって仕上がりを考えてくれたOちゃん、ほんとに有難う~~)


彫刻の様子。もうね、ウキウキしまくりでしたよ。。笑

Dsc01419

こうして出来上がったのがこちら。

Dsc01421

Dsc01430

Dsc01431

Dsc01433

重ねてみると彫刻の浮き上がり具合がわかりますでしょうか?

両プレートの固定にはM4/20mmの6角ボルトを使用。皿ネジでも良かったのですが、見栄え重視って事で。

Dsc01435

G1/4のタップを2つの穴に揉みます。タップはこちら。

Dsc01455

パイプタップ 1/4 PS19

こうして出来上がったTOPプレートはこんな感じです。

Dsc01438

Dsc01444

裏表の彫刻の様子も良くわかるかと思います。

Dsc01445




Comlession Fittingを装着した様子。

Dsc01446

早くテストしたいとう気持ちをグッと堪えながらゴムシールを充填し、24時間乾燥させます。



こうして出来上がったのが..........

Dsc01500




ヤバイっす。。。




実際の使用に合わせてG1/4 25mmのエクステンションを装着させた状態でいよいよ注水。ポンプ、リザ、サーモセンサーを経由させてリークテストです。
精製水で充填した後、青いダイを点滴して着色してクーラントの流れをみましたが、問題なく各ウォーターゲートを流れていきました。



Dsc01459

リークテストは24時間行い、クーラントはピーク時で50℃で循環させましたが、一切のリークもなく無事にテスト完了。

後はLEDを仕込むだけですが、UVかBlueかで、散々迷いました。。。。
というのも、3φもしくは5φの砲弾UVで行きたかったのですがUVの波長の特性上、光量が足らずに彫刻が思っていた程浮かび上がらなかったんです。

最終的にはこの水枕には青いクーラントが走るので、迷った結果3φの青LEDにすることに決定しました。

そうと決まったら作業開始。TOPプレートの両サイドに3φの穴を掘ります。

LEDは出来上がり品は使わずにダイオード、抵抗を用いて自作しています。

電源に関しては赤/黒の5Vラインから供給させるので、3.3V用のLEDにはこちらの抵抗を咬ませます。

Dsc01479

1/2W 100Ω ±0.5%

この抵抗を各ダイオードに1個ずつ付けていった物がこちら。

Dsc01477

あとは電線を繋げて、スリーブ化して端子を処理したら完了です。

ちなみに、普段私はこんなハンダごてを使用しています。

Dsc01485

KOTELYZER AUTO mini

一般的なはんだごてとは違い、ライター等のガスを充填することで使用できるため、コードが邪魔になったりする事がありません。
また、火力も調整できるので、PCB等に適した20Wクラスから90Wまで、使用するはんだに応じて調整できるという便利物です。

また、先端を交換することで簡易ヒートガンにもなり、ヒートシュリンクの収縮も出来ます。

Dsc01486

Dsc01487






こうして出来上がったLEDケーブルがこちら。


Dsc01489

Dsc01488


紫のスリーブケーブルの方は、先日紹介漏れしたポンプ用の5φUVの物となってます。

また、Peri IDE 4pin Femail内部にも漏れなくLEDを仕込んでます。



Dsc01494


出来上がったLEDを仕込んで点灯試験をしてみると.....

Dsc01476


Dsc01469




マジヤバイっす。。。呆




彫刻もくっきりと浮かび上がって大満足です。

という訳で、Moboに固定してケース内に組みこんでみました。

以前自作したのバックプレートでEK WaterBlocks EK-Supreme HF - ENを流用した場合。

Dsc01512

Dsc01515

Dsc01518

勿論、これもイカしてるんですが、ここに今回製作したオリジナルのBackside Water Blockを装着すると.........


Dsc01530

Dsc01528

Dsc01529







存在感ありまくりで、超カコイイ!!!(またしても自画自賛ですが。。。呆)






さらに、ラジのFANと裏枕に仕込んだLEDを光らせてみると。。。

Dsc01535

Dsc01539






もうね、何も言えねぇ。。。呆






ってな訳で、これで自作パーツは8割方完成しており、正直なところいつでも組める状態なんですが、肝心の





E-779用の水枕が一向に発売されない








訳でして、組みたくても組めない状態であります。。。



3/15のEKのアナウンスでは今週あたりに発売になる予定なんですが、果たして。。。。。。。。

« 水冷5号機を製作してみる #6 / ラジエターケース製作編 | トップページ | Ivy Bridge 3770K / Z77 Fatal1ty Professional を購入してみる。。。 »

水冷5号機」カテゴリの記事

コメント

毎度です~

細かい、突っ込みですいません
http://www.atmarkit.co.jp/fpc/kaisetsu/pentium4/pentium4.html

Pentium4が初めて世に出たのは今から12年前の2000年です
なので、15年前だと
http://ja.wikipedia.org/wiki/CPU%E5%B9%B4%E8%A1%A8
PentiumII(Pen2)が、やっと出たというところです(^^;

何年前に製作したかはうろ覚えのまま記事を書いたので、15年「程」前って書いたんですが。
当時、MEを入れたから正しくは10年「程」前になりますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水冷5号機を製作してみる #7 / Backside Water Block 製作編:

« 水冷5号機を製作してみる #6 / ラジエターケース製作編 | トップページ | Ivy Bridge 3770K / Z77 Fatal1ty Professional を購入してみる。。。 »

フォト

Tweet

Facebook

Link






  • 私の覚書のHPです~


2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ