« Battlefield 3: Close Quarters first trailer公開。。。 | トップページ | 水冷5号機を製作してみる #6 / ラジエターケース製作編 »

2012年3月16日 (金)

水冷5号機を製作してみる #5 / ラジエター周りをデコレーションしてみる。。。

仕事の合間を見ながら、少~しずつ作業を進めている水冷5号機ですが、ラジエター周りもちょいとデコデコしてみました。




まずは、今回チョイスしたラジ及びFANを。


ラジエターは全部SR1にしようと思っていたのですが、発注するときにふと違うメーカーの物が目にとまりまして、ネタ的な意味合いも含めてこちらを購入してみました。



Dsc00523_2


Coolgate Quad 140mm Ultimate Heat Exchanger Radiator

Coolgate Dual 140mm Ultimate Heat Exchange Radiator

Black Ice SR1 140 Radiator Series Designed for Low Flow Fans




新規参入メーカーのCGに関しては、若干個体の精度にバラ付きはあるものの、冷却能力はSR1と同等とのレビューを読んだので560と280*2に関してはこちらを選んでみました。


冷えるかどうかは......組んでみないと何ともいえないですねぇ...

全部CGにしても良かったのですが、140は何となくで鉄板のSR1にしました。笑




Dsc00527_2

それにしても、560はさすがにデカイ....というより、長いですね。汗
若干の加工が必要とはいえ、それを飲み込むBlackHawk Ultraも凄いですが。。。

さて、このまま付ければOKなラジですがウズウズしてしまって、お色直ししちゃいます。



Dsc00777_3



フィンの部分はプラ段でしっかりと養生して、オービタルサンダーで塗装をはがしてしまいます。



Dsc01122

これがオービタルサンダーです。



#220で塗装を落とし、#300-#600-#1000と番数を上げて磨いていきます。




Dsc00801_2




Dsc00800_2


Dsc00804_2



SR1って真鍮だっけ??



今更明かしますが、今回のテーマは




Project Galaxy -青と紫の小宇宙(呆)-




ですので、どれだけイメージに近づけるか分からないですが、近づくようイメージして塗装していきました。

下地が出来たら、メッキ調のスプレーで全塗装します。


Dsc00807_2


ピッカピカすねぇ。。


Dsc00811_2


ケースがアルミ色だったらこのまま逝きたいところです。。汗

560と140に関しては青を基調にするので、この上にキャンディーブルー&ラメを吹き、クリア2層で仕上げました。


Dsc00930_2


キャンディ色は簡単に言うと透過性のある塗料ですね。
宇宙を表現したかったので、あえてムラを出してみたんですが、これがなかなかイメージ通りにならないですねぇ。。


Dsc00934_3


Dsc01092


一歩間違えれば汚い塗装に見えちゃうし。。

まぁ、ほとんど見えなくなるからコレで良しとするか。笑




2台の280ラジに関しては、紫がベースになるのですが、最終的には全くと言って良いほど、悲しい位に見えなくなるので、ラメは吹かずにおしまいです。笑


Dsc00936_2



見えるのであれば、パープルメタリックで吹き付けたんですけどね。。。






また、これらのラジに抱かせるFANですが、こちらもそれぞれに見合った色調の物をチョイスしてみました。



青を基調とする560/140には、


Bgears B-ICE High Performance 140mm Fan w/ Blue LED - Blue Chrome


Dsc00487_2


PPCSより取り寄せた物で、国内では販売されていない物です。




紫を基調とする2*280には


Xigmatek "Crystal Series" 140x25mm LED Fan - Retail - Purple


Dsc01012_2



Xigmatek製品は国内でも取り扱いはあるものの、どういう訳か、




Purple LEDは取り扱われていない




んですよねぇ。。。ってな訳でこちらも海外より購入しました。
こちらは在庫の関係でPPCSではなく、UKのSpecialTechより取り寄せたのですが、どいういう訳か




White LED x 7発


Dsc00469_2




が届き、電話で問い合わせたり、再送してもらったりで、結局当初の予定より3週間以上遅れてしまいました。。汗




これらのFAN、そのまま使うのはつまらない。笑

ってな訳で、これらも例に漏れずに




デコデコ




しちゃいました。呆



インクジェットでこんなもの作ってみました。爆


Dsc00786_2


仕事柄、こういった物は簡単に作れちゃうというのも便利ですね~
FANの軸の部分のメーカーロゴ、折角なんでオリジナルロゴに変えちゃおうってな話です。


Dsc00793_3


サイズは40φで作成。髑髏が咥えている薔薇も青と紫を用意。

下部の四角いインクジェットの使い道は。。。後日明らかにします。笑

(Twitterを御覧になっている方は既にご存知かと思いますが。。。笑)




B-ICEの物に関しては青メタ塗装されているので、スリーブ化以外は弄るというほどではないんですけどね。


Dsc00794_2



BBロゴ逝っちゃいましょう。呆



Dsc00799_3




殆ど見えなくなるのですが、気分的に違います。。。よね?呆

スリーブは黒と青に。マネージメントの際に交互になるようにしました。


Dsc01058_2


Dsc01062_2


Dsc01097


Dsc01102






XigmatekのFANにも逝っちゃいましょう。w


クリスタルシリーズというだけあって透明なんですが、折角紫に塗装したラジに抱かせるんですから、塗装しようと思っていたのですが、




こいつ、分解出来ない構造になってやがる。。。。汗




考えること数秒。出した結論は




カッティグシートでデコってやろうじゃないか




仕事で使用したカッティングシートの中に、偶然にも紫があったのでそいつを貼って見ることに。


Dsc01026_2
これが以外にもラジの塗装色といい感じでマッチしてくれました。


まず軸の貼られているシートを剥がし、糊を綺麗にふき取ったらオリジナルステッカーを貼っていきます。


Dsc01016_2


Dsc01017_2


Dsc01019_2


Dsc01024_2



フィンが透明なので、カッティングシートは見える方の裏側から貼り、糊面側を見せるようにします。

Dsc01028_2


Dsc01029_3

この方がクリア仕上げ風で見栄えも良くなります。


Dsc01032_2




フィンだけだとちょいと淋しいので、エッジ部分にもストライプで貼っていきます。


Dsc01033_2




また、スリーブも抜かりなく逝っちゃいます。笑

こちらは紫/黒で交互になるようにしました。

こうして出来上がったのが......


Dsc01036_2


Dsc00955_2




こんなFAN、あってもいいよね??呆






ちなみに、560は天面に、140はリアに装着しますが、2基の280はどうなるかといいますと。。。。


Dsc01046_2


Dsc01055



こんな感じになりますた(爆



ラジサンドに関しては賛否両論あるかとは思いますが、エアフローの向きと逆方向にウォーターフローを持ってくれば問題ないかと思います。

この為にラジエターケースを製作しましたが、最終的な加工が一箇所ある為、未完成ですのでお披露目はまた後日という事で...

« Battlefield 3: Close Quarters first trailer公開。。。 | トップページ | 水冷5号機を製作してみる #6 / ラジエターケース製作編 »

水冷5号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Battlefield 3: Close Quarters first trailer公開。。。 | トップページ | 水冷5号機を製作してみる #6 / ラジエターケース製作編 »

フォト

Tweet

Facebook

Link






  • 私の覚書のHPです~


2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ