« 水冷5号機を製作してみる #3 / オリジナルバックプレート製作編。。。 | トップページ | Battlefield 3: Close Quarters first trailer公開。。。 »

2012年3月 8日 (木)

水冷5号機を製作してみる #4 / オリジナル アクリルパーツ編。。。

自作PCに限らず車弄りや仕事上でも、市販されてない物に関しては




売ってないなら自分で作ってみよう




という考えがありまして、日々失敗作を作り出してます。爆

今回の水冷5号機においてもその考えはやはりありまして、まだ記事にはしていないのですがケース自体も内部の構成部品は1から製作している始末です。笑

タイトルにも書いてますが今日はアクリルパーツをいくつか製作してみたので、その詳細を。。。。

と言っても大した物は作ってないですけどね^^;


今回拘ったのはアクリルの材質でして、選択したのは




Perspex Edge Purple / t5




蛍光剤が混ざっていて、エッジ(切り口)がその材質の色に光るアクリルです。
エッジ色のアクリル板は過去に仕事でブルー、グリーン、ピンクは触ってきてますが、パープルは初めて見る物でして、サンプルを見た時から






一目惚れしてました。(核照






また、データは全て自分で製作しましたが、カットに関しては細かい部品を作る都合上、いつもお世話になっている工場にて、


レーザーカット


してもらっちゃいました。

Dsc_0254

こんな感じでカットされていきます。

Dsc_0257


ちなみに、カットデータはこんな感じ。

00001

材料取りの都合上どうしても無駄が出てしまうので、予備的な意味合いも含めてかなり多めにパーツを切り出してます。

そして、今回カットされた物がこちら。(まだ養生シートが貼られている状態です)

Dsc00891




一体何作ってんの????




ってなりますよねぇ。笑

まずはこんなパーツを。エッジ色のアクリルの光り方も伝わるかな?

Dsc00976

これはチューブストッパーとして数パターンを製作しました。
実際に使うかどうかはわかりませんが、主に裏配管の固定用にと作ってみました。

イメージとしてはこんな感じです。

シングル

Dsc00964

Dsc00965


デュアル

Dsc00962

Dsc00970

3/8-1/2のチューブに合わせて製作してますが、正直な所未だに1/2-3/4にするか決めかねてますので、径を変更する際にはまた製作します。




お次はこんな物を。

Dsc00975

工場の人達からは、「電話のオブジェ?」なんて笑われましたが、実はこれは。。。。。


ケーブルストッパー


なんですねぇ~。色々と種類があるのはそれぞれに意味がありまして、


Molex 4Pin / Molex 5Pin / ATX / EPS / PCI / SATA


にそれぞれ対応させたストッパーだったりします。

実際の使用イメージとしてはこんな感じで。

EPS 8Pin

Dsc00986

Dsc00989


SATA

Dsc00994

Dsc00992

裏配線を見せる構成ですので、ストッパーもアクリルで製作したってな訳で御座います。




さらに、こんな形のパーツを切り出してみました。

Dsc00979

3つのパーツを接着して、まずはこんな形の台座を製作します。

Dsc01008

そこに、Molex 4pinコネクター(1 x Straight Female / 4 x 90゜ Male)と、単芯1.25mmの銅線を用いてこんなパーツを製作します。

Dsc01009

これらを組み合わせると。。。。




Dsc00947_2

Molex 4pin Power Station


が出来上がります。^^

BitsのPower-Extentionと似てますが、そこはご愛嬌という事で。笑
といいますか、これには7V/5Vラインも載っかっていて、不要なコネクタが多いので、自分用に必要最小限の構成で作ったんですね。
そしたら、形状が似てしまった訳でして。。
あとはLEDを仕込めば完成です~




そして最後に、両サイド用のアクリルパネルを。

Dsc00998

養生は最後の最後、取付の時までは剥がさないので現段階ではこんな写真ですが、ご勘弁を。。。汗

ただ、通気孔の多さと切り口の綺麗さは伝わる。。。。かな??

Dsc01005_2

Dsc01001

現段階ではこれらのパーツのみを切り出してますが、最終的にはまだまだアクリルパーツを盛り込む予定です。
ある程度組んでいかないと採寸すら出来ないので、何が出来るかは乞うご期待。。。。

« 水冷5号機を製作してみる #3 / オリジナルバックプレート製作編。。。 | トップページ | Battlefield 3: Close Quarters first trailer公開。。。 »

水冷5号機」カテゴリの記事

コメント

毎度です~
相変わらず、忙しそうで裏山です(^^;

ところでちょっと質問ですがマザーマウントですが
PCI固定位置の変化はどう解消されます?
高さ的にプラス・マイナスをゼロにされるのでしょうか
後、裏面の水枕的には、ケース幅の変更とかされるのかな?
完成がとても楽しみです(^o^)/~

Tomba さん

どもどもです。
>PCI固定位置の変化はどう解消されます?

んと、自作のMoboベースですが、既存の物と高さの誤差が±0.1mmで製作しています。
また、マウントスペーサーの位置も実際に仮組みしてから位置出ししましたので、既存のI/O、PCIブラケットストッパーはそのまま利用できますよん。

バックサイドの水枕に関しては、現状では配管はサイドパネルの外を通すしかないかもです。。
なので、バックプレートを使用しない方向で、新たなパーツを作るべく、デザインを起こしています。笑

初めまして。Marvell 9182と10RのRAID構成で困ってて色々調べてる内にココに辿り
つきました。私はGA-X58A-OCなんですがやはりRAID関係で悶絶しております。
管理人さんで無理なら私には絶対に無理ですね。あきらめます。

今までのX58資産を活かすためになんてケチ臭い事考えずにX79に突入してれば
幸せになれたんですかねえ。今年度中はX58で凌いで来年あたりに値落ちした
GTX6××と一緒になんて考えてたのですが。。。

余談ですが、私もBF3プレーヤーでして管理人さんの3画面でのプレイに物凄く
興味があります。よろしければBF3機の構成、設定、使っているディスプレイ、
マウス、キーボード等々教えて頂けますか?

Tanaka 様

このような拙いBlogにお越し頂き有難う御座います。m(. .)))m

Marvell SE9182 RAIDとICH10RのRAIDの両立の件ですが、
bios上で両立させようとするとアドレス領域が足りずにMarvell側のRAIDは確立されなくなります。
結果、Ctrl+MでMarvell biosに入れず、SE9182でのRAIDは構築されません。
バグというか、致命的な欠陥な様な気がしますが。。。

両立させるには、ネイティブ側にOS起動用のストレージを置き、OS管理下の元でマーベルコンソール経由でSE9182でRAIDを構築するしかありません。
この方法であれば、ICH10R/SE9182共にRAID0/1での共存が可能となります。
ただ、ネイティブはSATA2.0ですからね。。。とはいえ、ICH10RでSSD RAID0の場合、体感でも十分早いですけどね^^;

私のBF3環境に関してですが、丁度BF3関連の記事を現在書いてますので、そちらを参考にして頂ければと思います。
今日中にはUp予定で御座います。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 水冷5号機を製作してみる #3 / オリジナルバックプレート製作編。。。 | トップページ | Battlefield 3: Close Quarters first trailer公開。。。 »

フォト

Tweet

Facebook

Link






  • 私の覚書のHPです~


2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ