« EVGA X79 Classified OC検証をしてみる。。。 | トップページ | 水冷5号機を製作してみる #3 / オリジナルバックプレート製作編。。。 »

2012年2月29日 (水)

水冷5号機を製作してみる #2 / スリーブケーブル製作編。。。

少しずつ海外組が着弾してきておりますが、まだUK組の一部が着弾していないのと、ケースMODを行なっているため、組み込みはまだ行なっていない始末です。呆




そんな中、PSUのスリーブ化はある程度完了しているのでその辺りをアップします。

今回使用するPSUは以前にも紹介している




Seasonic SS-1250XM (1250W GOLD)




Dsc00144


このケーブルをスリーブ化している訳ですが、今回はただスリーブ化するだけでなくケースとパーツ構成に特化した物を製作しました。
というのも、付属のケーブルだけでは、





長さが足りず、エクステンションを余儀なくされる。




3口のペリやSATAでは、余分なコネクタが邪魔になる




ペリやSATAのコネクターの向きが逆さまで綺麗に収まらない




などの不満点が非常に多いんですね。(気にならないかたの方が大多数かとは思いますが。。汗)

という訳で、ケース内にMBとPSU、VGAのみを仮組みして各パーツへのケーブル長を全て採寸、製作しました。

スリーブ化する際の必須事項ですが、当然の事ですが






ピンアサインは基本的には変更しない






事ですね。実際は同一ボルトのラインは入れ替えても問題はないんですが、私はなるべくメーカー出荷時のアサインを守るようにしています。
また、1本ずつスリーブ化して挿し戻していく分には問題ないですが、私はいつも全部バラして製作しているのでスリーブ化する時は必ずPSUのピンアサインは控えていま
す。


ってな訳で、1本ずつテスターで導通をチェックしてSS-1250Mのピンアサイン表を製作しました。
各ラインの電圧に関してはマニュアルで判るので割愛させて頂きます。



Psu_pin_assigne




採寸した結果、付属のケーブルの長さが丁度いいのはATX24pinケーブルのみで、EPS、PCI、SATA、Periは全て製作しています。

(Periに関してはHDD、ポンプ等の設置位置がまだ確定していないので後日製作します。FAN用の3pinも同様)




採寸した数値を元に必要な本数のケーブルを作ります。
EPSに関しては2口あるので16本、PCIに関しては2xCFX用に28本ですね。

Dsc00602

Dsc00618






また、今回のコンセプトに沿う用にコネクタの色も

Dsc00851

Dsc00852




//






を用意しました。爆




スリーブケーブルはもちろんMDPC-Xで。

Dsc00168




被覆を向いてコネクターピンを圧着していくのですが、ストリッパーがあると剥く長さを簡単に揃えられるので便利ですね。


Dsc00836



私は仕事柄、こういった道具は色々と持っているので、実は手馴れた物だったりします。。。
安い物では1000円前後でホームセンターに売ってますので、スリーブ化に興味のある方は購入しておくと良いかと思いますね。



また、コネクタの圧着には丸型端子用の圧着ペンチが役に立ちます。

Dsc00837




私のお気に入りのクリンピング・プライヤーはこれですね。

Dsc02333






ヒートシュリンクは事前に15mmに切っておくとシュリンクの長さが揃うので便利です。
MDPC-Xでは15mmに切った物も売ってますが、私は全部測って切ってます。爆

Dsc00855




チューブの収縮にはドライヤーでも出来なくはないですが、ヒートガンがあるとより簡単ですね。

Dsc00827




ライターでも出来ますが、煤が付着する場合があるので、仕上がりはイマイチ....かな




長さを揃えてスリーブ化したケーブルを製作しておいて、あとはピンアサインに従って挿して行くだけですね。

Dsc00606


また、より綺麗なケーブルマネージメントを狙って、ゴチャゴチャにならないように束ねてみました。
裏配線も露出する構想ですが、果たして。。。。笑

Dsc00623

Dsc00818

Dsc00819

Dsc00821




SATAケーブルも全てスリーブ化しました。
今回はSSD用に2本、DVD用に1本、HDD用に2本用意しました。

Dsc00825






スリーブケーブル自体の製作は慣れれば簡単ですが、組み込んだ際にどこまで綺麗に纏められるか。。。
うまく構想通りに逝ってくれるといいなと思います。。。






ってな訳でスリーブ化の様子をお伝えしました。
現状は、ケースの加工とラジエターの塗装を進めてまして、その様子も近日アップ致します。

Dsc_0245

こんな事やってますから、完成は一体いつになるのやら。呆






っていうか、Classified用の水枕が発売にならない事には組み込む事すら出来ないんですけどね。汗

« EVGA X79 Classified OC検証をしてみる。。。 | トップページ | 水冷5号機を製作してみる #3 / オリジナルバックプレート製作編。。。 »

水冷5号機」カテゴリの記事

コメント

アサイン表 X-ZONE内で 困った方がいてたのでお借りしました

ありがとうございます!

管理人様、初めまして。
かたと言います。

今度スリーブ化に挑戦しようと思ってるのですが
管理人様は黒色ケーブルを新規に用意して
そのケーブルでスリーブ化されてますが
このケーブルは簡単に入手出来るのですか?
その際、どのような規格?のケーブルなのでしょう。
ご教授頂ければ幸いです。

Lazu さん

亀レスすいませんですー。

アサイン表、お役に立てて何よりです。
意外とメーカーも公表してなかったりするので、私は毎回製作時に残してますねー

かた さん

拙いBlogにようこそお越しくださいましたm(. .))m
質問の件ですが、大体の部分で芯線0.75mmのKIV線を用いています。
12Vラインですので0.5mmでも問題はありませんが安定供給の為に若干太くしています。1mmや1.25mmになると、端子を着けるのがちょっとキツイかと思います。

また、LED配線やFANのケーブルには0.3mmのKIV線を使用しています。

仕事柄、電材の問屋と取引があるので直接仕入れていますが、ホームセンターでも普通に売っていますので、覗いて見て下さいね。

また、オンラインでも購入は可能なので、[0.75mm 電線(KIV線もしくはAV線)]で検索してみて下さい。

自分もスリーブと電源とどいたのでスリーブ化に着手しているのですが、PSUのピンのさす場所忘れてしまって大変なことに\(^o^)/

Chahan さん
MB側、及びPCI-e側、Molex側は各Vラインの配置が決まっているのでアサインを控えてなくても問題ないですが、PSU側はテスターであたるか、ケースを開けて内部のラインの色で判断するしかないですねぇ。。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水冷5号機を製作してみる #2 / スリーブケーブル製作編。。。:

« EVGA X79 Classified OC検証をしてみる。。。 | トップページ | 水冷5号機を製作してみる #3 / オリジナルバックプレート製作編。。。 »

フォト

Tweet

Facebook

Link






  • 私の覚書のHPです~


2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ