« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月26日 (木)

HD7970 biosの書き換えをしてみる。。。

1125MHzの壁を何とか打開できないかと、色々と試行錯誤していたのですが、海外のForumで打開策が書かれていたので早速試してみました。


入手先はこちら。


解凍すると、以下のファイルが入っています。

7970_pack_2




GPU Tweakをインスト後、インスト先にASUSのbios「asus7970-bios.bin」を移動。
その後、コマンドプロンプトより以下の項目を入力します。




cd C:\Program Files (x86)\ASUS\GPU Tweak

ATIWinflash.exe -f -p 0 asus7970-bios.bin



0004


Enterを押下すると、次の画面が出ます。


0005_2

ATIWinflashによってbiosが書き換えられていますね。


0006

100から101に変わっているのがわかりますね。これにて無事完了~

再起動を要求されるので、言われる通りにしましょう。笑


基本的にはこれでOKです。









さてさて。。。ワクワクしながらチェックしてみると。。。









0002_01

OCの上限は1125MHzのままだぞ!?!?




GPU Tweakerに表示されて良いはずのEnhancedの項目も出てこない。。。


0003_2

ここに項目があるはずなんだけど。。。




う~ん。。。。なんでだ????




不正なbiosと認識されたとしたら、起動の時点で蹴られるので一目瞭然なんですが、普通に立ち上がるし、GPU-Z読みでも


0002_02

ASUS(1043)


と、正しく書き換わっているしなぁ。。。

SAPPHIREの物をASUSに書き換えてもダメなのか??ベンダーレベルで蹴られるのか??


なら、RBE(RADEON Bios Editor)でMax Clock値を変えてやれ~


と思ったのですが、今度はRBEがまだ7970biosには非対応でアウト。。。

0019




う~ん。。。諦めるしかないのか???




半分諦めながら、ふとVideo biosのDatabaseを覗いてみたら、




昨日まではなかった7970のbiosリストがアップされてるじゃないですか!?!?!?!?




0017

しかも、1個だけ怪しい日付のASUS biosが。。。









試してみるっきゃないっしょ(爆









ダメならデフォルトbiosに書き換えれば良いだけだし、最悪biosが壊れても7970はデュアルbiosだから切り替えられるし。。。


という訳でこのbiosを試してみました。



0007

101からX00に変わりました。X00って時点で怪しいですが。。。汗




無事に起動できるかどうか、内心ちょっとドキドキしてましたが、普通に起動。

問題はここから。果たしてOCの上限が上がっているかどうか。。。。ですが。。。。

GPU Tweakerで確認してみると、






0009

なんじゃこの上げ幅は!!!!驚


Core Clock 2000MHz / Mem Clock 9999MHzって。。


どう頑張ってもそんなに上げられないですけどねwww




試しにAfterBurnerでも確認してみたところ、


0010

こっちは良心的な数値が表示されました。


GPU-Zでチェックしてみると、ASUS(1043)ベースで、バンド幅が

0016

264.0GB/s ⇨ 302.4GB/z


へと変更されているのがわかりました。


無事にOCの上限が解除されたので、早速OCテストを3DMark11で行いました。

CoreVは1.25Vを上限にして各Clockをどこまであげられるか検証してみました。


7970 1枚目

0012



7970 2枚目

0014_02_2




1枚でover P10000すか!?!?




なんとも恐ろしいグラボですねぇ。。。

しかも、念のためにFANを82%で廻していたのですが、ピーク温度がたったの63℃って。。。
GTX480の時と比較すると、かなりの低発熱っぷりですね。

これ以上のCore Clockはノイズが走ったので、ひとまず中断しました。
2枚の7970共に同じ様にノイズが出たので電圧を盛ってあげれば1300MHzまではイケると思います。


実際、1300MHzで3D11を完走した方々のSSを見ると1.30Vとか盛ってますからねぇ。。汗




個人的には、CFX構成にしてどこまでシンクロが取れるか?


の方が重要なので、そちらの検証を行いました。

とりあえず、シングルの時と同様、上限を1.25Vでどこまでイケルかやってみたところ。。


0014

Core Clock 1200MHz / Mem Clock 1500MHzで頭打ち


となりました。

FANの設定をAUTOにしていたのですが、ピーク時の温度はそれぞれ

81℃ / 74℃

やはり、あのシロッコファンの轟音を響かせないと冷えてくれませんね。笑


温度的にはFANを80%固定にすれば問題ないので、0.01V電圧を盛って、Core Clockをちょっと上げてみました。



Core V 1.260V / Core Clock 1235MHz / Mem Clock 1500MHz

0020




2枚で17000オーバーですか.....汗




1GPUから50MHzの下げ幅でシンクロ出来るのはかなり優秀ではないでしょうか?

1.300Vでどこまでクロックを上げれるのか。。。。






え~っと。。。






水枕を発注しているので、装着してからやってみます。汗


各種ゲームにもこの結果がそのまま反映されてくれれば、かなり実用的ですね....

ベンチ専用グラボで終わらない事を心から祈っています。。。

2012年1月22日 (日)

SAPPHIRE HD7970 ベンチマークテスト 3DMark Vantage 編。。。


3DMark Vantageでのベンチ結果です。






3DMark11では7970に軍配があがる結果となりましたね。




こちらはDx10ですので、また違った結果が出る。。。かな?








検証用PC構成

CPU : Core i7 3930K / OC 4.6GHz
MB  : ASRock X79 Extreme4
RAM : CORSAIR VENGEANCE CMZ8GX3M4X1600C9G 4GB*4 / RAMspd. 1600
PSU : ENERGIA 1000P GOLD
SSD : Crusial m4 256GB






今回も3Dmark11の時と同様、PerformanceとExtremeで検証しています。
また、7970のOCも1125Mhz以上は何故か上げられない状態です・・・




3DMark Vantage Performance



GTX480SC Single Normal Clock
Van_p_480_sin



GTX480SC SLI Normal Clock
Van_p_480_sli



GTX580SC Single Normal Clock
Van_p_580_sin



GTX580SC SLI Normal Clock
Van_p_580_sli



HD7970 Single Nomal Clock
Van_p_7970_sin



HD7970 Single Core 1125MHz / Mem 1575MHz
Van_p_7970_1125



HD7970 CFX Nomal Clock
Van_p_7970_cfx_nomal



HD7970 CFX Core 1125MHz / Mem 1575MHz

Van_p_7970_cfx_1125






3DMark Vantage Extreme



GTX480SC Single Normal Clock
Van_x_480_sin



GTX480SC SLI Normal Clock
Van_x_480_sli



GTX580SC Single Normal Clock
Van_x_580_sin



GTX580SC SLI Normal Clock
Van_x_580_sli



HD7970 Single Nomal Clock
Van_x_7970_sin



HD7970 Single Core 1125MHz / Mem 1575MHz
Van_x_7970_1125



HD7970 CFX Nomal Clock
Van_x_7970_cfx_nomal



HD7970 CFX Core 1125MHz / Mem 1575MHz

Van_x_7970_cfx_1125








こちらも、後日グラフに纏めておきます。。。






いやはや。。Dx10でも7970に軍配があがりましたねぇ。。。
CFXで1300MHzまで廻せたらどんなスコアが出るのか、本当に気になります。。。






先日の記事でも書きましたが、これでドライバーが熟成して、ゲームでも同等の性能差を発揮できたらGTX7xxが出るまではラデの天下になりそうですね。。。

2012年1月21日 (土)

SAPPHIRE HD7970 ベンチマークテスト 3DMark11 編。。。

ってな訳で早速ベンチマークでテストしてみました。




世界発のPCI3.0x16対応という事ですので、検証はX79構成のサブ機で行いました。




検証用PC構成


Dsc00141_01_2


CPU : Core i7 3930K / OC 4.6GHz
MB  : ASRock X79 Extreme4
RAM : CORSAIR VENGEANCE CMZ8GX3M4X1600C9G 4GB*4 / RAMspd. 1600
PSU : ENERGIA 1000P GOLD
SSD : Crusial m4 256GB






まずは3DMark11から。






PerformanceとExtremeの両方で検証。
また、VGA比較が出来る様に次のVGA構成でデータを取っています。


EVGA GTX480SC (Single / SLI) Normal Clock
EVGA GTX580SC (Single / SLI) Normal Clock
EVGA GTX580SC (Single / SLI) OC 900MHz
SAPPHIRE HD7970 (Single / CFX) Nomal Clock
SAPPHIRE HD7970 (Single / CFX) Core 1125MHz / Mem 1575MHz








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

実は、1GPU検証時はCore Clockを1300MHzまで上げられたのですが、CFX構成にした後、どう頑張ってもvbios内の上限の1125MHz

までしか上げられなくなってしまいました。

ドライバー、及びAfterburnerを何回も入れなおし(DC proを併用)たのですが、何回やっても変わらず。。。

その為OCは1125MHzまでしかできませんでした。しかも、1GPUでも1125MHzまでしか上げられなくなりました。。

原因が解決次第、1300MHzで廻してみます。

vbios書き換えるのが手っ取り早いんですけどね。。。汗

っていいますか、どなたか解決方法を教えて下さい。。。m(. .)))m

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※








3D Mark11 Performance




GTX480SC Single Normal Clock

480_p_sin_2

GTX480SC SLI Normal Clock
480_p_sli


GTX580SC Single Normal Clock
11_p_580_sin



GTX580SC Single OC 900MHz
11_p_580_sin_900mhz



GTX580SC SLI Normal Clock
11_p_580_sli



GTX580SC SLI OC 900MHz
11_p_580_sli_900mhz



HD7970 Single Nomal Clock
11_p_7970_sin



HD7970 Single Core 1125MHz / Mem 1575MHz
11_p_7970_sin_1125mhz_1575mhz



HD7970 CFX Nomal Clock
11_p_7970_cfx



HD7970 CFX Core 1125MHz / Mem 1575MHz

11_p_7970_cfx_1125mhz_1575mhz_002






3D Mark11 Extreme



GTX480SC Single Normal Clock
480_x_sin



GTX480SC SLI Normal Clock
480_p_sli_2



GTX580SC Single Normal Clock
11_x_580_sin



GTX580SC Single OC 900MHz
11_x_580_sin_900mhz



GTX580SC SLI Normal Clock
11_x_580_sli



GTX580SC SLI OC 900MHz
11_x_580_sli_900mhz



HD7970 Single Nomal Clock
11_x_7970_sin



HD7970 Single Core 1125MHz / Mem 1575MHz
11_x_7970_sin_1125



HD7970 CFX Nomal Clock
11_x_7970_cfx_normal



HD7970 CFX Core 1125MHz / Mem 1575MHz

11_x_7970_cfx_1125






結果をグラフにまとめて、後日再度アップ致します。。。




ベンチを廻した結果からすると、580よりもかなり上の数値を出しているのに驚きました。
また、OCの幅もかなり広く、ゲーム用途だけでなく、ベンチにも遊べるカードですね~



特に驚いたのが







CFXでOver 16000!!!!







先にも述べましたが、Afterburnerでの上限が何故か1300MHzから1125MHzにダウンしてしまったので、1300MHzで廻せれば20000前後のスコアは出たのではないかと推測できます。。。


メイン機で990X OC4.7GHz / GTX580 3Way SLIで16000ですから、7970って底知れないポテンシャルを持っていそうですね(驚




ただ、例の如くAMDはドライバ更新が月1回しかないので熟成に時間がかかるかと思います。
このベンチ結果が直接ゲームに結びつくかというと、絶対とは言い切れないのが痛いところですね。。。






案の定、突然ブラックアウトしたり、CFX解除したら画面サイズがおかしくなったり。。。
相変わらず楽しませてくれますねぇ。。ラデさんは。。






私は慣れてるのでさほど気にはしないですが、初めて買われる方はかなり戸惑うかも。。。汗



ベンチマーカーには非常においしいカードですが、ゲーマーにとってもおいしいカードになれるか??
今後のドライバに期待したいですね~



個人的には3画面での580 3Wayと比較してどういう結果が出るのかが楽しみです(^o^






とはいっても、3D Visionが出来ない時点でメイン機として使うかというと、正直ビミョーですが。。。汗






これから7970を買おうという方は、ラデの洗礼を受ける事をお忘れにならないよう。。。汗

SAPPHIRE HD7970を購入してみる。。。

HD5870以降、パットしなかったRADEONですが、今回の7xxxでまた旋風が巻き起こるか??


ってな訳でみなさんも興味津々であろうHD7970を早速テストしてみました。


今回購入したものはこちら。

Dsc00129_01_2

SAPPHIRE HD7970 3G GDDR5 PCI-E HDMI/DVI-I/DUAL MINI DP




やっぱり、人柱的には2枚逝かないと。。ですね^^;




3枚逝ってもよかったのですが、いかんせんラデは3枚だと極端に不安定になるので、とりあえずは2枚にしました。


長さの比較。左から5870、7970,580,480

Dsc00130_01


カード自体の長さは5870とほぼ同じで270mm、480や580と比較すると10mm程長いです。
また、アウトプットはDL-DVI-I*1 / HDMI*1 / Mini DP*2となっていて、MiniDP HUBを用いる事により、1枚で6画面まで出力できるそうです。

Dsc00134_01

580リファとの比較


VMM1300搭載MiniDP Hubの製品情報はこちら

L_tm_0906idt06


また、付属品についてはドライバCDの他は

CrossFireブリッジ
HDMI to DVIアダプタ
Mini DisplayPort to SL-DVIアクティブアダプタ
DVI to VGAアダプタ
Mini DisplayPort to DisplayPortアダプタ
6ピン電源ケーブル
8ピン電源ケーブル

Dsc00140_01

とEyefinity環境の構築に必要な物は全て揃っているのは良心的ですね。
5870CFXの時は散々苦労させられましたから。。w




また、世界初のPCI3.0x16対応という事で、その効果の程も楽しみですね。




え?そんな能書きはいいから、さっさとベンチ廻せって?汗

SSだらけになってしまいますので、ベンチ毎に記事を分けてアップします。






ってな訳で、今日はここまで...ぉぃ

2012年1月20日 (金)

Core i7 3930K / ASRock X79 Extreme 4 を購入 / OC 検証をしてみる。。。

毎度お馴染み、BBで御座います。




さて、今話題のSB-E Core i7 3930Kを検証してみました。




といっても、


昨年12月7日に購入して検証した時の出来事


なので、旬はとっくに過ぎていますけどね^^;
(だから、さっさと書けって言われるんだよー。汗)






Lot No. 3136B490

Dsc00053_01



3960Xと迷ったのですが、レビューではOC耐性、スコア的にもほとんど差がないのと、3970Xが2012年Q2に発表になるので本命はそっちという事で、今回はこちらに。



また、3930Kを載せるMBとRAMはこちらを選択しました。


ASRock X79 Extreme 4

Dsc00055_01

CORSAIR VENGEANCE CMZ8GX3M4X1600C9G 4GB*4

Dsc00068_01



3点で8万のお得なセット??

Dsc00052_01




本当はR4Eが欲しかったのですが、購入当時はまだ発売されておらず、P67以降安定した性能を発揮するようになり、
かなり信頼性のあるMBベンダーであるASRockを選択しました。


何気にASRockのMBはP67で3枚、Z68で3枚、X79で1枚の計6枚も買ってたします。。笑




後日談ですが、購入した3日後にR4Eが発売。その数日後にEX9が発売されるという。。。



RAMは1.35V駆動の、金ベンをチョイスしました。


8層基板で抜群の安定感のG.Skillを載せたかったんですが、Vengeanceも安定感抜群でお気に入りなのでこちらは問題なし。








実は、このCPU/MB/RAMを購入する1週刊程前に、仲の良い知人の所に2600K/P67 Fatal1ty/VENGEANCE 4GB*2/EVGA GTX 480が旅立つ事となり、2号機がベアボーン状態だったので、そっくりと移植しちゃいました。



心配だった水枕も長ナットを固定する為の寸切ボルトを製作するだけで無事にLGA2011にも取付できました。

Dsc00062_01

Dsc00065_01

Dsc00078_01




ね、何の違和感もなくついたでしょ?w




Dsc00066_01

今回の石には小さな穴が空いてるんですねぇ。。一瞬不良品?かと思っちゃいました。。汗


グリスが侵入しても問題ないのかなぁ。。




そんなこんなで、検証用の構成はこんな感じとなりました。


Dsc00080_01


CPU : Core i7 3930K
MB : ASRock X79 Extreme 4
RAM : CORSAIR VENGEANCE CMZ8GX3M4X1600C9G 4GB*4
GPU : EVGA GTX 480 SC
PSU : ENERGIA 1000P GOLD




定格でprime95を1hエージング後、早速OC検証をしてみました。


4.0GHz~4.4GHzには全く興味がないので、その辺りはすっ飛ばし、
4.6GHzから検証しています。




動作検証にはCINEBENCH R11.5を使用。完走VCoreの下限を探してみました。




デフォルト

Cine_def_001


4.6GHz

Cine_4600_02


4.8GHz

Cine_4800_03


5.0GHz

Cine_5000


5.1GHz

Cine_5100


5.2GHz

Cine_5200






あっさりと5.2GHzまでイケちゃいましたねぇ。。






5.3GHzに関しては、5.2GHzでかなりの発熱量だったのと、5.2GHzで何回シネを廻しても5.1GHz時よりもスコアがドロップしたので5.3GHzはヤメました。

2000クラスのRAMを使えばドロップすることは回避できると思うのですが、手持ちで4枚は揃わなかったので、ここまでとしました。


石の個体差によるのでしょうが、今回自分が引いた石は1.4V以上盛るとかなり発熱する感じですね。。。


参考までに、メイン機の990X / 4.725GHzのシネスコアと比較すると、

Cine_4725

990X  / 4.725GHz時のシネのスコア   11.96 / VCore 1.44V
3930K / 4.6GHz時のシネのスコア     13.24 / VCore 1.26V


990Xが約10万だったのに対し、3930Kはほぼ半分の約5万。。。
VCoreも低く抑えられてますから、消費電力も低いですね。




また、P67/Z68のショボイPCIレーン数とは違い、X79では40レーン。


i7 980Xもしくは990Xを持ってなく、これから6C12TのCPUを買おうという人には良いかも。




という訳で、この後OCCT / prime検証をして、4.6GHzと4.8GHzでセッティングを煮詰めてみました。


4.6GHzのOCCT

Occt_001


4.8GHz / prime95 9H時 / Room Temp 20℃のSS

1078615


Coretempをスタートアップに置いているので、SS上ではMin Tempが低いですが、アイドル時は28~30℃です。




これで常用4.8Ghz決定か!?!?




と思ったのですが、この後4.6GHzで検証した後に、4.8Ghzのプロファイルを呼び出すと、




起動直後にBSOD




???????????????????????????






再び4.6GHzの設定を呼び出してprime回すと




1hも持たずにBSOD




???????????????????????????






どうも、bios上でOC Profileを呼び出す際に、きちんと反映されていないようですねぇ。。。
何故か、要求VCoreがハネ上がるんです。


同一バージョンのbiosを上書きして完全初期化した後、4.8GHzの設定を再現したら問題なく動作するし。。




ちょっと気持ち悪いので、暫くは4.6GHzで常用していこうかと思います。
VCoreも若干マージンを取って


VCore : Offset +0.03V
LLC : Level3
PLL : 1.903V


って感じですね。






う~ん。。。X58の方が挙動も安定しているから、やっぱりこれはメイン機にはならないかなぁ。。。



biosの更新で解決するとは思いますが、Q2にリビジョン変更もあるし、やはり本命はまだまだ先かな~って感じです。



あ、もちろん定格動作で運用するという方には何の問題もありませんので、お間違えのない用に。。。

遅ればせながら、明けおめです。。。

あぁぁ、1ヶ月以上も放置Pしてしまいました。。


数少い??読者の方々にお詫び申し上げます。。。m(. .)))m




ネタに尽きた訳ではなく、昨年12月は超多忙でして仕事も去る事ながら、PC製作依頼も数件抱えてまして。。




決して・・・




ゲームに没頭


していた訳ではありません。。ぇぇ、睡眠時間を削ってBF3に没頭していたなんて、口が裂けても言えません・・・汗


近日中に、過去記事にはなってしまいますが、色々とアップして行きますので、




皆様、本年も宜しくお願い申し上げます~m(. .))))m




そんな訳で(どんなだ?)昨年末にアップする筈であったネタ、及び最新のネタを数日中にアップ致しますので、

今回は、そのラインアップを一部写真こみでサラっと。。。呆



~~~ PC 編 ~~~



Core i7 3930K / ASRock X79 Extreme 4 を購入 / OC 検証


Dsc00052_01


左手用コントローラーを購入

- Razer Nostronomo 編 -


Dsc00137_01


- Logicool G13 編 -

Dsc00139_01


Acer HN274H iiiDを3枚購入


Dsc00082_01


Razer 福袋を購入


ASRock Z68 Fatal1ty Gen3を購入

Dsc00117_01


Rosewill Blackhawk Urtlaを購入

Dsc00112_01




~~~ GAME 編 ~~~



BF3 B2Kでアンロック武器を全て解除


Bf_001


BF3 乗り物のアンロックを全て解除


Bf_002


SAINTS RAW : The Thirdをプレイ


Driver San Franciscoをプレイ


The Elder Scrolls V: Skyrimをプレイ


Portal 2をプレイ


Dead Islandをプレイ






う~~ん。。。。blogをサボりすぎてますなぁ。。。汗






して、超最新のネタがこれです。。。








SAPPHIRE HD7970を購入(しかも、2枚。。滝汗)



Dsc00129_01






読者の方々で、今現在、最も気になるのはやっぱりこれかな。。^^


現在、エージングも兼ねてベンチを廻してデータ取りをしています。






ぇぇ、睡眠時間よりも、ゲーム検証を優先しますよー^^;






数日中にレポを上げますので、今暫しお待ち下さいませ。。。m(. .)))m

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

フォト

Tweet

Facebook

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ