« Z68 Extreme4 / 2600K 検証編 その2 OC検証 / VGAを挿しての動作検証をしてみる 。。。 | トップページ | Dirt3をプレイしてみる。。。 »

2011年5月22日 (日)

Z68 Extreme4 / 2600K / HTPC機 製作編

さて、先日購入してK62で仮組みして検証していたAsRock Z68 Extreme4ですが、注文していたケースとPSUが到着したので、早速

組み替えしてみました。

時間があまりない為、まだケース加工はしていませんが、とりあえず形になったかな~って程度です。

今回入手したケースはSilverStoneのLascala SST-LC20S

詳細はコチラ

P5200317

P5210323

P5210325

仮組みで使用していたLancoolのPC-K62のままでも十分だったのですが、今回購入したEx4の使用目的はあくまでも

省電力HTPC

としての利用でしたので、あえてこのケースを選択しました。

また、検証時にはCoolerMasterのSilent pro GOLD 800Wでしたが、800WのPSUを積んでいると、絶対にSLI構成にしてしまうので、自制の意味も込めて変更しました。

購入したPSUは

P5200308

SilverStone SST-ST50F-P

P5200310

P5200314

P5200315

P5200316

500Wで、コンパクト。そしてオールプラグインというのが購入の決め手でした。

80Bronzeとうのはちょっと微妙ですが、4.4GHz程度のOCですし、C1E関連も有効での使用ですので、問題はないでしょうね。

80GoldのHuntkey 絢風300と迷いましたが、オールプラグインではないので却下。

ってな訳で、まずはPSUの

フルスリーブ化を。

P5210321

はい、完了。爆

あとは、K62から移植していくだけですので、簡単簡単~~~~

かと思いきや、落とし穴が。。

背面の80mm *2のFANの取り付け位置がかなりケースの際にあり、ラジが干渉してつかない。。。

オフセットステーを製作すれば済む話ですが、製作している時間がちょっと無いのと、80mmFANが1個余分にあるのでこれをステーの代わりに取り付けました。

その結果、ケース側面へ取り付け予定だったVRAM側ヘの吸気FANは諦めることとなりましたが、4.4GHz設定ですが、C1E関連は全て有効でして、アイドル時の発熱は低いので問題ないかと思ってます。

というかですね、このケース、タワー以上に組み込む順序を考えて組まないと

ケーブルがグチャグチャ

になりますね。。汗

裏配線が不可能なケースですから背面に隠す様な事が出来ないので、イラレやフォトショでデザインを製作する時と同様、

レイヤー

を考えて順序立ててケーブルをセットしていかないと、綺麗に仕上がりません。。。
(って、私のこのHTPC機も決して綺麗とは言えないかもですが。。。汗)

P5210328

HDDベイと5インチ、3.5インチのベイを全て外してフロントI/O用のケーブルをスリーブ処理して、取り回しをしてから3.5インチ

ベイを戻し、SATAケーブルとATX24pinを廻しておいて、5インチベイを戻し、かつリザポンも仕込んで。。。

えぇ、かなり試行錯誤しました。。笑

って訳で、とりあえずPCI周りには一切追加しない状態で、くみ上げてみました。

P5210330

黒のスリーブで統一しているので、まともに見えますが、結構密集しています。。汗

P5210331

P5210336 

エア抜きがまだ完全ではない状態での写真ですので水枕にまだエアが残ってますね。笑
まぁ、そのうち抜けるでしょう。。。w

P5210332

P5210333

5インチベイは2段しかなく、下段にDVDドライブを、上段にリザポンを設置してます。
注水はベイをズラしすと注水口が出るので、問題なく出来ましたが、排水時はかなり面倒ですねぇ。。

P5210334_2

RAM Coolerを設置したかったのですが、スペースが無いので、諦めざるを得ませんでした。。

P5210339

元々、仮組みで検証した状態からの移行ですのでラジのFANの設定以外は特に何事もなく動作しています。

常用の構成としては、これにPT2を載せるだけですが、折角ですから検証がてらVGAとサウンドカードを挿してみました。笑

P5210345

まぁ、HTPCとしての使用ですから、VGAは不要なので外す予定ですけど、HTPC兼TVゲーム機というのもアリかも。。^^;
GTX460 Hawkですから殆どのゲームがサクサク動きますし。。

P5210346

ってゲームは別PCでやればいっか^^;

ちなみに、このラジ、4.4GHzでOCCTを廻しましたが、室温22℃時でMax60℃、25℃時でMax65℃でしたので予想していたよりは優秀ですね^^
エンコ位しか高負荷になることが無いのでHTPCには十分かと思います。

室温22℃でのOCCTのグラフ

0013

ってな訳で、Ex4 HTPC機の構成は以下になりました。(VGAは暫定です。)

【CPU】 Intel Core i7 2600k
【M/B】 AsRock Z68 Extreme4
【RAM】 CFD T3U1600HQ-2G (DDR3 PC3-12800 2GB * 2)

Storage Device

Intel SATA 6GB
【SSD】 crucial RealSSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1 (System)

Intel SATA 3GB
【HDD】WD20EARS 2T * 2 (Non RAID)

【DVD】LG GH24NS70SL

【VGA】 MSI GTX460 Hawk
【SoundCard】ASUS Xonar Essense STX
【PCI】 Earthsoft PT2

【PSU】 SilverStone SST-ST50F-P

【CHASSISE】 SilverStone Lascala SST-LC20S

  Liquid Cooling System
【CPU Block】 EK WaterBlocks EK-Supreme HF - Nickel
【Radiator】  BlackICE Micro 2
【Riserver / Pump】  XSPC X2O 200 5.25 Bay Reservoir Pump
【FAN】 Owltech 80mm 4000rpm * 2

« Z68 Extreme4 / 2600K 検証編 その2 OC検証 / VGAを挿しての動作検証をしてみる 。。。 | トップページ | Dirt3をプレイしてみる。。。 »

PC Custom」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1463695/40089751

この記事へのトラックバック一覧です: Z68 Extreme4 / 2600K / HTPC機 製作編:

« Z68 Extreme4 / 2600K 検証編 その2 OC検証 / VGAを挿しての動作検証をしてみる 。。。 | トップページ | Dirt3をプレイしてみる。。。 »

フォト

Tweet

Facebook

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ