« PCケーブル スリーブ化 / 製作編。。。 | トップページ | GeIL EVO CYCLONE Memory Cooling Systemを購入してみる。。。 »

2011年4月16日 (土)

Fatal1ty P67 / 2600K 検証編 その3 / BSODの謎。。。

原因不明のBSOD 0x00000124に散々悩まされているのですが、仕事が超多忙でほとんどPCを触れない為に検証もかなりゆっくりとしか進んでいません。。。汗

復習の意味も兼ねて、症状を再度書いておきます。

1. primeやOCCTは問題なくパスするものの、VGAに負荷を掛ける3DベンチではCPU負荷の低い物でもコケる。(BSOD)

2. ベンチ時及びアイドルでの放置時に限らず、1時間程経つとマウスの反応が鈍くなり、そのままフリーズ(BSODは無し。)

3. Google Chromeを起動させるとキャッシュ読み込みエラーでクラッシュが10回に1回程の割合で起こる。(Chrome再起動で解決はする)




これらの症状に関して、何とか打開策を見つけようと試行錯誤しております。。

まず、1. の症状に関してはOCCTパス時の下限VCoreに+0.03V程盛ると事でほぼ解決なのですが、そもそもこれが解せないんですよね。。
今までのチップセットに関してはOCCTやPrimeでパスすればまず何をやってもコケる事はないんですが。。。

VCoreを盛ることで解決・・・なら良いのですがそれでもコケる事がありました。
という事は他の電圧不足を補っている可能性もあるので、電圧関係をさらに弄ってみるとどうだろうかと。。。
QPIに相当するVTT、またPLLを盛ってあげれば解消するかなぁと。。

2. 今回のP67からあれこれ組み込まれている省電力の機能が悪さをしているような。。。気もしますがRAMとのやりとりで固まっているのか、VRAM周りの発熱で固まるのか。。。

これも、1.で述べているVTTやPLLを盛ってあげれば解決ぽいんですけどね。。。。
また、USB2.0/3.0ポートも怪しい気もするので、一応3.0はbiosで無効化してます。

3. SSD RAID0時に起こるので、そう考えるとSATA6GBポートのエラッタか、相性なのか。。



という訳で、まずはRAMの相性の可能性を払拭する為に

Corsair VENGEANCE 1600C8 4G*2

に変更。。。

P67推奨の1.5V RAMですから。。まずこれで相性問題の可能性は排除されるかと。。。。

P4100095


が、症状は一向に収まらず。。。汗


まぁ、これでRAMの初期不良以外でない限り、RAMの相性ではないという事が判明しましたね。




とりあえず、現在の構成をもう1度書き留めておきます。

【CPU】 Intel Core i7 2600k
【M/B】 AsRock P67 Professional Fatal1ty
【RAM】 Corsair VENGEANCE 1600C8 4G*2

Storage Device

Intel SATA 6GB
【SSD】 crucial RealSSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1 * 2 (RAID0 stripe 64k)

Intel SATA 3GB
【HDD】HGST HDD 500GB * 2 (RAID0)

Marvell SATA 6GB
【HDD】HGST HDD 1T *1

【VGA】 EVGA GTX480SC 2Way-SLI
【SoundCard】Creative Sound Blaster X-Fi Titanium Fatal1ty Champion Series
【PSU】 Scythe 80PLUS GOLD ENERGIA-1000P




検証クロックは常用の4.8GHzで行ってます。



また、今回P67に限ってですが、私なりの安定動作検証方法を。

① prime95で最低でも8Hはパスすること。

② OCCT Linpack 1H 完走

③ DMC4 benchmark 8週(8min * 8週で64min)

④ エンコードテスト / Win DVDメーカーを利用して4.5GB(16曲)のAVIファイルのエンコ

⑤ アイドルで1H放置P後、正常に動作するか。


①②は定番のストレステストで、今まではこれが基準だったのですが、今回のBSODの症状から軽負荷のDMC4ベンチ1Hを追加しました。
またエンコテストですが、普段は別のソフト(Video Studio Pro X3)を使用していますが、OSに標準でついている物の方が参考になるかと思い、こちらを使用。
⑤に関してはアイドルが続くとマウスが反応しなくなり、コケることが頻発している為。

この方法が正しいとは限りませんが、私の環境で試しにやったらコケたので、これを私自身の常用設定の判断基準としています。


さて。。。次はどうした物かと。。


Storage関連に手をつけるか、各電圧を弄るか。。。


海外サイトで同様のBSODがSSDをSATA6GBに接続時に頻発し、HDDへ交換で解消されたという報告を読んでいるので、Storageに手をつけることにしました。

まずは、RAID0構成を解除。HDDに繋ぎかえてOSをバックアップ。。。


が、あえなく撃沈。。ナンダヨ。。。。。


OCして、VTT/PLLを触っていないのでこれでSATAも問題ない・・・とは言い切れないです。
なので、HDDのままちょっと検証方法を変更して、クロックダウンしてみることにしました。


定格、All Autoでの検証です。まぁ、通って当たり前ですが、ちょっとドキドキ。。。。

予想通り、問題なく①~⑤全てパスしましたねぇ。。。笑

中々検証をあれこれしている時間がないので、HDD検証はここまでとして、SSDに戻すことにしました。


まず、RAID0構成時の問題かもしれないので、C300をシングルで検証します。

っと、ここで一つ気になることが発覚。。。。

C300のFirmwareがもしかして関係しているのではないか??????

って訳で早速Firmwareを調べると、0002と0004。。。。
早速最新ファームをDLして、updateを実行しました。


その後、C300をまずは単機で。OSも要再インストです。

まずは定格で、①~⑤のテスト。ドキドキしましたが、完走しました。

なので、常用OC設定の4.8GHzに変更。
biosはVTT / PLL関連はAutoで。


結果。。惨敗。。。爆


って事でbiosを上書きして、余計なゴミを消した後で、再度biosの項目を見直して各電圧を設定。
CMOSクリアだと、結構ゴミが残っていて、これが悪さをすることがあるので、私はCMOSクリアの代わりにbios上書きをやってます。


それはさておき、この設定でまずはDMC4ループをさせたところ3.5H問題なし。

20110415002

続いて、エンコテストをしてみるも、問題なし。

ここで、仕事で出ないといけないのでprime95を廻しっぱないにしてみたところ。。

帰宅した時点、17.5H経ってもマウスも正常に動作。

003

都合24時間以上起動させてましたが、全くもってコケることも、フリーズもしませんでした。。。。



あららら????完全安定しちゃったかな???



ちなみに、その時のbios設定は以下の通り。

20110414001

20110414002

20110414003

そうなると、最後は常用環境のC300 RAI0でのOCでの検証です。
って訳で同bios設定のまま、C300 RAID0に変更してバックアップからOSを呼び戻し。。。


さぁ、きっと最後の検証だぁ~~~~


と思いきや。。。。


アイドル40分でまたしても



フリーズ。。。



RAID0が犯人なのか!?!?!?



となるとFatal1ty P67と C300 RAID0との相性問題という感じですね。
まだはっきりと断言できないのですが、キャッシュ及び仮想メモリの受け渡しでコケてる感じです。

仮にそうだと過程すると、




SATA2トラブルが解消されたP67、B3になって今度はSATA3に問題あり。




って事になりますねぇ。。。

試しにVTTを1.25 / 1.30 / 1.35と試してみるも結果は変わらず。

念のため、ページングファイルをHDDに移動してみたりしてみたものの、結果は変わらず。


折角ネイティブでサポートしているSATA3 6GBですが、RAID0で相性やトラブルが出るようではちょっと。。。


かといってRAIDカードを挿すにはPCIレーンが20では足り無すぎるし。。


ここまであれこれやってきましたが、やはりFatal1ty P67では、



SATA3 6GBポートではSSDはNonRAIDで使用するのが妥当。RAID0で使用するならSATA2 3GBポートで。



と言えるかもですね。

これで解決してくれたら御の字です。。

また、BcCodeに関する情報をいろいろと調べてみるとやはりSATAかRAM周り。また各種電圧の設定が原因ぽいのですよね。。

Tombaさんが発見した内容では、
OCの際にはVTTを1.2~1.4Vの間での設定が必要。
また、Intel S-ATA3.0 6Gbp/secポートにSSDを繋いでいる場合に発生することがある模様。
但し、特定のSSDでの相性の可能性も払拭出来て無いものと思われ、HDDに繋ぎ変えたら直った。

との事ですし・・・


Vladさんが発見したリストには、以下の様にかかれてました。

The OverClockers BSOD code list
BSOD codes for overclocking
0x101 = increase vcore
0x124 = increase/decrease vcore or QPI/VTT...have to test to see which one it is
0x0A = unstable RAM/IMC, increase QPI first, if that doesn't work increase vcore
0x1E = increase vcore
0x3B = increase vcore
0x3D = increase vcore
0xD1 = QPI/VTT, increase/decrease as necessary, can also be unstable Ram, raise Ram voltage
0x9C = QPI/VTT most likely, but increasing vcore has helped in some instances
0x50 = RAM timings/Frequency or uncore multi unstable, increase RAM voltage or adjust QPI/VTT, or lower uncore if you're higher than 2x
0x109 = Not enough or too Much memory voltage
0x116 = Low IOH (NB) voltage, GPU issue (most common when running multi-GPU/overclocking GPU)
0x7E = Corrupted OS file, possibly from overclocking. Run sfc /scannow and chkdsk /r

Those are a list of BSOD codes related to the 2600K (and other processors I guess). Though I do not see your code on there...I would say try a different hard drive, dvd drive, psu, etc. minus the CPU and mobo too try to eliminate culprits. 

以上を踏まえるとP67でのOC完全安定常用には、


Storageの相性、VCore / VTT / PLL、RAMの相性及びレイテンシ、コマンドレートの設定

これらの中から見出す必要がありそうですね。。

いやはや。。。こんなに苦戦させられるチップセット、今まであれこれと弄って来ましたが、初めてですよ。。。

Z68で解消されている事に期待したいものですが、X58のド安定がメイン機、サブ機で動いてますので。。。


私の中でメイン機になる事はまずない。。。


というのが、私の見解ですね。。

« PCケーブル スリーブ化 / 製作編。。。 | トップページ | GeIL EVO CYCLONE Memory Cooling Systemを購入してみる。。。 »

PC Custom」カテゴリの記事

コメント

C300の新Firmware ジュームスボンド 007  試したいですね。
では

残念ながら、ファームを書き換えても、変化はなかったですね・・・

いろいろ苦労したみたいですね。自分なども2chの「誰かがものすごい勢いでお見積もりするスレ」で
見積もったりしてたのですがサンデー以降は酷いことになってます。

最初のSATAの不具合リコール時に他の問題もあわせてということで、まだ出ていない問題もあるの
ではという話になっていました。どうもM/Bのチップセットではパイプラインの切断などによる機能の
制限(商品の差別化)やコンシューマ向け/エンスー向けという政策の失敗とチップセットの能力
自体の不足にかかわらず新規格を導入した二つの失敗が顕著みたいですね。

OCメモリを使用するとCPU側の帯域が足りなくなるとかいろいろあり、一般人向けのM/B購入したん
だからそれなりの使い方しておけとでもいうような感じですね。何にしろ今後も頑張ってください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Fatal1ty P67 / 2600K 検証編 その3 / BSODの謎。。。:

» 備忘録その5 [なろぐ]
うん、また落ちたんだ(ノД`) もうBF3の備忘録は書きたくなかったのに。 仮想メモリ周りの調整で安定したと思ったんですけどね。 やはり負荷が高くなるとダメ。(64人サーバーだと特に弱い感じ) あとは時間経過とともに落ち易くなる気がします。 こうなると熱くらいですかねぇ? CPUは水冷なので一応除外出来る感じ。 メモリは風があまり当たっていないので不安ではありますが、 BF3フリーズ後に触ってみても殆ど熱くないので微妙。 あとはGPUですが、CCC読みで80度..... [続きを読む]

« PCケーブル スリーブ化 / 製作編。。。 | トップページ | GeIL EVO CYCLONE Memory Cooling Systemを購入してみる。。。 »

フォト

Tweet

Facebook

Link






  • 私の覚書のHPです~


2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ