« Fatal1ty P67 / 2600k 検証編。。。 | トップページ | PCケーブル スリーブ化 / 製作編。。。 »

2011年4月 5日 (火)

Fatal1ty P67 / 2600K 検証編 その2

昨夜の続きですが、OCCT/prime95で通るVCoreで3Dベンチが通らない。。
について、DRAMを1.65Vに盛ってみたり、4枚挿しにしてみたりしたのですが。。。

結果的に、何も変わらなかった

ですねえ。。。汗

VCoreをOCCTパスした1.43Vでも、結局x124のBSODでしたから。。

1.5Vの低電圧RAMに変更したらまた変わるかもですが、入手に時間がかかるので、その検証はまた後日。。

って訳で、今回はネイティブでサポートしているIntel SATA 6GBの実力を検証してみました。

その前に、現在の構成(ほぼ決定の構成です)を。

【CPU】 Intel Core i7 2600k
【M/B】 AsRock P67 Professional Fatal1ty
【RAM】 CFD T3U1600HQ-2G (DDR3 PC3-12800 2GB * 6)

Storage Device

Intel SATA 6GB
【SSD】 crucial RealSSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1 * 2 (RAID0 stripe 64k)

Intel SATA 3GB
【HDD】HGST HDD 500GB * 2 (RAID0 Stripe 64k)

Marvell SATA 6GB
【HDD】HGST HDD 1T *1

【VGA】 EVGA GTX480SC 2Way-SLI
【SoundCard】Creative Sound Blaster X-Fi Titanium Fatal1ty Champion Series
【PSU】 Scythe 80PLUS GOLD ENERGIA-1000P
 
【CHASSISE】 Coolermaster CM 690 II Plus

  Liquid Cooling System
【CPU Block】 aquacomputer cuplex kryos XT
【Radiator】  BlackICE SR1 360
【FAN】 ZAWARD 120mm 1700rpm * 6
【Riserver】  EK WaterBlocks EK-BAY SPIN Reservoir - Plexi
【Pump】      JINGWAY TECHNOLOGY DP-1200N

悲しいことに、Marvell SATA 6GBポートは4ポートあるものの、RAIDはサポートしていないんですよね。。
なので、Intel SATA6GBでC300 64GBのRAID0と、SATA3GBでのHDD RAID0の
ダブルRAID0構成となりました。


気になるバッティングは無く、安定して動作しています。

で、ネイティブのSATA6GBでのRAID0がどれほどのものかと言うことで、Diskmarkを廻してみたのがこれ。

C300_64_raid0_p67

参考として、メイン機のAssassinでデータ取りした、Marvell SE9182でのC300 128GBでのRAID0でのDiskmarkがこれ。

C300_diskmark_128_raid0_64k_marve_2

もともと、64GBモデルと128GBモデルではWrite速度に差があるのですが、そこを差し引いても十分なスコアですし、Sequential Readではさすが!!なスコアですね~^^

おまけで、SATA 3GBポートに繋いでいるゲームキャプチャ専用のHDD RAID0のDiskMarkを。。w

Hdd_raid0_p67

« Fatal1ty P67 / 2600k 検証編。。。 | トップページ | PCケーブル スリーブ化 / 製作編。。。 »

PC Custom」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Fatal1ty P67 / 2600K 検証編 その2:

« Fatal1ty P67 / 2600k 検証編。。。 | トップページ | PCケーブル スリーブ化 / 製作編。。。 »

フォト

Tweet

Facebook

Link






  • 私の覚書のHPです~


2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ