トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

3画面ゲームこそPCライフの醍醐味だ。。

Windows7 & IE9杯 自作PCの祭典2010 「ゲームPC部門」にエントリーさせて頂きます ^^
3号機もエントリーさせて頂いておりますが、こちらにはメイン機をエントリーします。
エントリーマシンのスペック
【CPU】 Intel Core i7 980X Extreme Edition 4.2GHz (200*21)
【M/B】 GIGABYTE GA-X58A-UD7 (Bios F7)
【RAM】 CFD T3U1600HQ-2G (DDR3 PC3-12800 2GB * 6)
【SSD】 crucial RealSSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1 *2 (ICH 10R RAID0)
【HDD】 Hitachi HDS721010CLA332 1T (ICH10R Non-RAID)
【HDD】 Hitachi HDS721010CLA332 1T x 2 (Marvell SE9128 RAID0)
【VGA】 EVGA GTX580 SC 3Way SLI
【AUDIO】     ASUS Xonar Xense
【CPU COOLER】CoolerMaster V6GT
【RAM COOLER】Kingston HyperX Fan
【PSU】 Corsair AX1200
【ADDITIONAL PSU】Thermaltake Toughpower / Power Express 650W
【CHASSIS】Coolermaster HAF-X
【DVD】 LG GH22NS40
  CHASSIS FAN
【FRONT】Original 230mm
【REAR】Original 140mm
【SIDE】Original 200mm
【TOP】 Original 200mm * 1
【VGA】 Intake ENERMAX APOLLISH UCAP12-BL * 1
【FAN】 CONTROLER KAZE MASTER KM01-BK
【LCD MONITOR】 LG W2453V x 3
【KEYBORD】  Razer Lycosa Mirror
【MOUSE】    Razer Manba
【MOUSE PAD】Razer Vespula
【FLIGHT STICK】Saitek CYBORG evo FORCE
【WHEEL CONTROLER】Logicool Driving Force GT LPRC-14000
【SPEEKER】UNITCOM UNI-3120
【HEADSET】Steelseries SIBERIA V2 /Raze BANSHEE
【OS】7 Ultimate 64bit

まずはエントリーに必要なベンチマーク結果の画面ショットを。

■「CPU-Z 1.56」 の情報画面

000003_2
■Windows 7の「エクスペリエンスインデックス」表示画面
000002_3
■「PerformanceTest V7.0 Build 1019」の結果表示画面
000004_2
■SunSpider JavaScript Benchmark 0.9.1の結果表示画面
000006_2
■WebVizBenchの結果表示画面
000005_2
■Heaven Benchmark Version 2.1の結果表示画面
000001_3
■FINAL FANTASY XIV OFFICIAL BENCHMARKの結果画面

Ffxivwinbenchmark_20110128_13301789
■「ロスト プラネット 2ベンチマーク」の結果画面
Lp2dx11_20110128_12361390_2 Lp2dx11_20110128_12361797_2 Lp2dx11_20110128_12384461_2
3画面(5760*1080)時のベンチ結果
Lp2dx11_20110128_12423402_2 Lp2dx11_20110128_12423838_2 Lp2dx11_20110128_12475970_2

解説文

去年まで、使用してきたHD5870CFXでのEyefinity3画面構成から、VGAをEVGA GTX580SC x3に変更するにあたって、ケース、電源を見直して組み上げました。

基本コンセプトは先にエントリーしたNV MOD機と対極に。。。

極力シンプルで大人っぽく。が、中身は凄いぞ!!

として製作しました。

HAF-Xは空冷でのエアフローに優れているとのことなので、とりあえず基本構成パーツ+αで組みました。

まずは外観から。。。

P1310286_2

左サイド。かなり殺風景に見えますが、それもHAF-Xの特徴ですね^^

AX1200+Togh Power650Wの計1850W搭載ですので、3Wayでも余裕です。

P1310295_2

斜め45度から^^

5inchベイにはDVD、ファンコンと追加電源です。

P1310300_2

後部。5inchx2用の内蔵電源を追加してますので、電源のケーブルは水冷ホールから出してます。

P1310316_2 P1310317_2

サイドパネルを装着した状態。Razerのロゴ。。わかります??

690NV機と同様、カッティングシートであしらっております。

P1310312_2

普段はド派手な690NV機の横に鎮座しております^^

P1310285_2

右側のVGAを覆っているカバー内部です、VGA用のエアーインテークとなってまして、このカバーの中に
120mm FANを搭載してます。
私はエナのアポリッシュを装着し、ファンコンで制御してます。
これ、かなり有効で空冷3Wayでフルロード時でもなかなか70℃になりません。。

このPCの特徴はなんと言っても、

GTX580SC 3Way-SLIでの3D Surround

FPS、レースゲームをこよなく愛する私には必要不可欠なのです。

Triple Head 2 GOでの3画面に始まり、去年1年間はEyefinity3画面そして今年は3D Surround

視野が広まるだけでなく、ゲームギヤとの組み合わせでさらにリアルな臨場感を味わうことが出来ます。

3画面でのゲーム状況をお見せ致します。

Racing Game

P1300267

F1 2010での3画面+Logicool DFGT + COBRA Daytona Whiteです
コクピットビューでのドライブに3画面+ハンコン+バケットは欠かせないですね~
このセミバケはまだ走り屋だった時代、10年前に苦労して探し出した逸品でして、引退した今でもこのシートだけは宝物として室内で使用してます。

GRIDやDiRT2もお気に入りですが、ここ最近はF1 2010オンラインにどっぷりと嵌ってます。

F1_2010_game_20110130_19400426

GTX580の3Way...「さすが!!」の一言です。。DX11で3画面5760*1080、さらにALL Ultra設定でも快適です。。。

F1_2010_game_20110128_13371119 F1_2010_game_20110128_13372035 F1_2010_game_20110126_01225036

最も重たい設定でも、アベレージFPSが93です。。。驚

また、キャプチャーを頻繁にしており、編集してYoutubeにアップロードもしてます。
DFGTとGRIDのシンクロの様子を紹介致しますね。

FPS

P1310303_2 Bfbc2game_20110131_19053842

写真はBFBC2での3画面です。 

Battle Filed、Call of Duty、STALKER、等々。。。ほとんどのFPSゲームはプレイしてます。
3画面はFPS
にはちょっと不向きな部分もあります。両サイドの画面と正面の画面で自分との距離が異なる為、慣れるのに時間がかかりましたが、慣れてしまえば快適です。
オンラインでは、特に隠れている敵兵も見つけやすいので。。不公平??と思ってしまう程ですね。。

Flight Simulation

Hawx2_dx11_20110130_20202161

P1300268_2

3画面 HAWX2 + Saitek CYBORG evo FORCE(お台場上空)

BF2でも戦闘機に乗りますが、HAWX2はエースコンバットを彷彿とさせるフライトシムですが、非常に面白いです。
フライトステ ィックに様々なコマンドを割り当て、左手はキーボード、右手はスティックに固定したまま、すべての操作が出来ます。
HAWX2でのオンラインは4対4なのですが、3画面あると、敵見方の場所を容易に確認できるので、非常に有利にバトルを進めることが出来ます^^

1画面と3画面の違いが分かるようにHAWX2のデモをDX9も合わせてシンクロさせた動画を作成してますので、よろしければご覧下さい。

For Gamer,by Razer

その名の通り。。私は根っからの

Razer 信者(爆)

でして。。キーボード、マウス、マウスパッド、ヘッドセットは全てレーザーで統一してます。
特に、LycossaとMambaの組み合わせは発売後、すぐに購入して使用してますが、いまだに超える物が出てこない位の一品です。

音質へのこだわり。

ゲーマーたるもの敵の位置を確実に捕らえるために、EAX5.0対応のサウンドカードは必須です。

私はその中からASUS XenseとSteel Seriese siberia V2の組み合わせを愛用しています。
位置の特定がしっかりしていて、尚且つ全音域をクリアに再生できるヘッドセットの組み合わせはこの組み合わせはFPS専用としてまして、
レースゲームやフライトシムの時はRazer BANSHEEを使用してます。
BANSHEEはUSB接続ながら、サウンドカードを内蔵しており、付属のコンパネから自分好みの音質に調整できます。
重低音の再生に優れているのでエンジン音で迫力を~というゲームではこちらを使用してます。

Pc260048_3 Pc260047_3

各LEDを好みの色に変えられるのもBANSHEEの面白さですね^^

また、ボイスチャットを必要としないシングルプレイの時はスピーカーセットはツインウーファーを備えるUNITCOM UNI-3120で近所迷惑ギリギリ??で大音量で遊んでます。

おまけですが。。先のエントリマシンでの解説でも述べてますが、自宅でLANパーティをする事が多く、多い時には総勢5人になることも。。。

そんな時にも対応できるように、PC5台を駆使して。。。。

P1300282_2

4画面+アクオスの計5画面で、最大5人同時オンラインプレイ(呆)

を可能としてます。。。(一人はワイヤレスを余儀なくされてますが。。w)

今後はさらにハイスペックなCPU、VGAが出てくるでしょうから、次回の自作の前に。。。

自宅の分電板の容量を上げてもらわないとです。。。汗

1850W機+1000W機x2機+etc....電子レンジなんて使えませんから。。。笑

■Windows 7を使って良かったと感じた点

先のエントリで64bitの良さを述べてますので、違う点を。
XPやVistaの時に比べてOSのインストールが非常に早くなりましたね。またSSDの恩恵も受けられ、帯域をフルに使えるようになった事も気に入ってます。

あえて欲を言うならば。。。
DX11の3画面ゲーム時にはチップセットの帯域不足でSSDでRAID0を組んでキャプチャー保存先専用としてもFPS25前後になってしまいます。。
3Way環境である以上、RAIDカードを載せるのは帯域を圧迫しますので。。。。

Intel様、頑張って下さい~~~m(. .))))m

最後に、一部抜けていた画像があった為、自作PCの祭典 2010事務局様にご迷惑をお掛けしましたこと、お詫び申し上げます。

Windows7 & IE9杯  - あくなきケースMODへの拘り -

Windows7 & IE9杯 自作PCの祭典2010 「勝手に俺が一番!」にエントリーさせて頂きます ^^

今回は初めての参戦なのですが、この部門に私の3号機である CM 690NV(勝手にRazer Edition)をエントリーします。

エントリーマシンのスペック

【CPU】 Core i7 920 4.2GHz (BLCK 200x21)
【M/B】 GIGABYTE GA-X58A-UD3 Rev.2.0
【RAM】 Corsair TR3X3G1600C8D (Dorminator DDR3 1600) 1G * 6 / RAM SPEED 1600
【VGA】 Sapphire HD5870 x2 CFX / CoreClock 900MHz
【SSD】 Crusial C300 128G (Marvell SATA 3)
【HDD】 Hitachi HDS721010CLA332 1T x 1 (ICH10R Non-RAID)
【HDD】 Hitachi HDS721010CLA332 1T x 2 (ICH10R RAID 0)
【AUDIO】 ASUS Xonar Essense STX
【光学ドライブ】 LITEON IHAS122-06
【PSU】 Scythe 80PLUS GOLD ENERGIA-1000P
【CHASSIS】 CoolerMaster CM690 nVidia Edition (MOD)

【LCD】 DELL U2410 + SHARP LC-46ES50 (LG W2453V x 3 もメイン機と共用)

【OS】 Windows 7 Ultimate 64bit

LIQUID COOLING SYSTEM

【CPU】 KOOLANCE PC-350
【RADIATOR】 Black ICE GT Stealth 360
【PUMP】 Laing DDC 3.2
【RESREVER】 XSPC Single DDC Dual 5.25 bay reservoir

まずは、エントリーに必要なベンチマーク結果の画面ショットを。

■「CPU-Z 1.56」 の情報画面

0001_2

■Windows 7の「エクスペリエンスインデックス」表示画面

0003

■「PerformanceTest V7.0 Build 1019」の結果表示画面

0008

■WebVizBenchの結果表示画面

0007

■SunSpider JavaScript Benchmark 0.9.1の結果表示画面

0006

■Heaven Benchmark Version 2.1の結果表示画面

0005

■「ロスト プラネット 2ベンチマーク」の結果画面

Lp2dx11_20110128_11461800

Lp2dx11_20110128_11462830

Lp2dx11_20110128_11451879

5870はDX11対応ですが、いくらCF環境でもLP2のベンチは重いですね~
DX9で3画面キャプした物がありますので、よろしければご覧下さい^^

■FINAL FANTASY XIV OFFICIAL BENCHMARKの結果画面

Ffxivwinbenchmark_20110128_11301142

解説文

PC仲間と余剰パーツを交換しあっていたところ、このNVと水冷パーツを頂けることに。
タイミング良く、メイン機のVGAをHD5870からGTX580に変更することと、CPU、M/B、RAMのストックが手元にあった為、せっかくなら。。。

誰も目にした事のない「完全オンリーワン」

な1台を作ろうと、製作にとりかかりました。

まずは、ケースの完全解体から。目的は構成パーツの「全塗装(CoolerMaster様、nVidia様、スミマセン。。汗)」をする為です。
足つけ~サフェーサー~下地~本塗りとキチンと順を追って自家塗装しました。色はWRCで有名なスバルのWRブルーを調色しました。

P1050057

一見汚く見えますが、これは足つけ後に下地のサフェーサー&青メタが映える為に白を塗布した後、
天面に塗料のノリを確かめながら軽く青メタを拭いたところです。

P1080065

塗装完了&バラしたパーツも再度リベット留めしました^^
ってパーツ組みこんでパネル貼ったら。。。ほとんど見えなくなるのですが。。汗

P1110091

オールブルメタにするかと思いきや。。ケースMODでは滅多にないであろう

(呆)

フロントトップ~リアボトムにかけて、黒~青メタへと変化させてます。
また、左サイドパネルは開口部を大きくしました。

P1110094

5inchベイ用の固定具や3.5ベイ用のトレイ、PCI用固定具を全て元に戻したところ。

P1110107

天面にステルス360ラジをPush-Pullで内蔵する為に天面を大きく開口しました。
ちなみに、360ラジを搭載する為に、TOPパネルにあったUSB/1394類のポートは撤去してます。

P1210150

5inchベイの中に入り込んでいる360ラジがわかりますでしょうか??
スペースの都合上、Push側は120mmFAN x 3が搭載出来なかったので80mm x 3 + 120mm x 1と変則的な構成です。
Pull側は効率重視で光物よりも2400rpm Fan x 3 として強化してます。

P1300257

左サイドパネルは既設の物をさらに大きくしたアクリ窓を作成しました。
パネルとの固定にはケースファン用のワンタッチプッシュピンを利用。
グラデーション。。。わかりますかねぇ。。。
ここにも大きいながらも、さりげなくRazerのロゴをあしらってます。

P1300252

右サイド。
グラデは構想通り出来ました。背面が唯一青メタがじっくりと拝める部分です。。汗

P1300251

天面に120mmファンx3を搭載するために、既設のTOPパネルは大きく開口、なくなったUSBポート類はフロントパネルにUSBポート内蔵ファンコン(Scythe K1)として使用可能としました。
また、天面の両端にあるフィンのギミックは全て穴を設け、その下にLEDを仕込んで光らせてます。

P1300255

P1300250

そして、5inch Bay最上部に収まっているRazerのロゴですが。。。
天面のフィン埋め込みLEDも含め、動画をご覧下さいませ。。

眩しくて目が疲れた方。。申し訳ありません(汗)。動画でしか伝えられないものでして。。。
内部に自動車用アクセサリのLEDストロボを4発取り付けて、この用に点滅発光させてます。

また、キーボードはもちろんRazerで「BlackWidow Ultimate」。。青く光らせてます。
マウスはメイン機ではRazerですが、こちらではMS SideWinderを。。

P1290209
Razer BlackWidow Ultimateとの2ショット^^

もともと、メイン機でEyefinity3画面環境で活躍していた5870ですので、NV機に引越ししてきてもそこは健在なのですが、現在はメイン機の方で3画面環境を主に使用してます。
こちらは仕事時は64bitを活かしてAdobe関連用に、ゲームでは3画面/DirectX9でキャプチャー兼動画編集用となってます。。。
ストレージに1TのHDDx2でRAID0を構築しているのはキャプの保存専用だったりします。。笑

また、友人が遊びに来る事も多く、自宅でLANパーティーをする事が多々あるので、その時は。。。。

P1300264

アクオス46インチをモニタにしてLANパーティー用^^

と変身してます。

■Windows 7を使って良かったと感じた点

XPからVistaに移行した時に、見た目は良いが、動作がモッサリしていて好きになれませんでした。ゲイツ氏も通過点と言ってましたが、その辺りが改善されていて非常に使いやすくなったと思います。
ドライバ関連も予め持っているので、自作ユーザーにとってはかなり助かっている部分もありますね。
特に、今回AdobeのCS5が64bit対応になり、GPGPUの恩恵も受けられるようになりましたので、仕事でイラスト製作、また画像編集がとても快適になりました。

個人的に非常に使い勝手が良くて気に入っているのが、ウィンドウを画面の両端まで持っていくと自動的に縦半分のサイズになる。上に持っていくと全画面になるという機能ですね^^
3画面で複数のウィンドウを立ち上げる事が多いので非常に役にたっております^^

2011年1月28日 (金)

Blog 始めてみました~

今まで、HPにて各写真やベンチデータを公開してましたが、今回DOS/V パワレポ主催のコンテストに出品でもしてみようかと思い。。。。

Blog持ってないとダメじゃん。。!!!

って訳で急遽作成(笑

とりあえず、現メイン機と水冷NV機をば^^

P1260185

2号機が690 IIですから。。気づけばゲーム用の3台は。。。

クラマス3兄弟に。。笑

P1260173

何でも、エントリーするには、あれこれベンチを廻さないとなのですね。。。

締め切りはもうすぐ。。Blogの使い方もイマイチ判らない。。

間に合うのか??俺・・・w

トップページ | 2011年2月 »

フォト

Tweet

Facebook

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ